パレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パレール三井ビルディング
Kawasaki Ward Office.JPG
パレールの位置(神奈川県内)
パレール
パレール
施設情報
所在地 神奈川県川崎市川崎区東田町8番地
座標 北緯35度31分46.8秒
東経139度42分13.8秒
座標: 北緯35度31分46.8秒 東経139度42分13.8秒
状態 完成
着工 1988年5月
竣工 1990年10月16日
用途 オフィス、区役所
地上高
高さ 85.3m[1]
各種諸元
階数 地下3階、地上21階
敷地面積 5,673.25 [2]
延床面積 50,934.97 [2]容積率898%)
構造形式 鉄骨構造
駐車台数 232台(駐車場棟)
関連企業
設計 住宅・都市整備公団関東支社市街地設計課[2]
施工 戸田建設五洋建設真柄建設・大日本建設共同企業体
デベロッパー 三井不動産

パレールは、川崎市川崎区東田町の再開発地区である。

歴史[編集]

国道15号と市役所通りが交差する宮前交差点南西の一角は木造の低層店舗や店舗兼住宅が多く、戦後は発展したが、次第に商業の中心は川崎駅前に移り低迷した。土地の利用度が低く老朽化も進んでいた。1972年(昭和47年)に、組合による再開発を前提とした再開発準備組合が発足、1975年に再開発基本計画が策定された。その間にオイルショックなどがあり、組合単独での実施は困難と判断。住宅・都市整備公団(現 都市再生機構)に施行を要請。組合、公団、市の三者が協力して再開発を進めることとなった[1]。1988年5月に着工、1990年10月16日に竣工した。総事業費は約274億円であった[3]

館構成[編集]

地下1階・地上20階建ての業務行政棟(パレール三井ビルディング)、地下1階・地上19階建ての住宅棟、地下1階・地上7階建ての駐車場棟、地下1階・地上4階建ての商業棟の4館からなる。都市再開発事業としては日本で初めて、コジェネレーション方式の地域熱供給が導入されている[1]。2000年からは業務行政棟をグリーン館、住宅棟をブルー館、駐車場棟をイエロー館、商業棟をブルー館に色分けした[4]。業務行政棟の1階から7階にかけては川崎区役所が入る[5]。地階には、当初は核テナントとして相鉄ローゼン川崎パレール店が営業していたが賃貸借契約満了のため2010年に閉店[6]。跡には2011年3月に食品館あおば東田町店が開店した[7]。住宅棟4階から19階にかけては、1DKから4LDKまで計100戸の住居が入る[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d PARALE 川崎東田町8番地地区市街地再開発事業 (pdf)”. 川崎市建築局 住宅・都市整備公団関東支社 (1991年3月). 2017年11月12日閲覧。
  2. ^ a b c “資産の交換に関するお知らせ” (pdf) (プレスリリース), 日本ビルファンド投資法人, (2006年2月24日), http://www.nbf-m.com/nbf/release/files/release79.pdf 2017年11月12日閲覧。 
  3. ^ 川崎東田町8番地地区第一種市街地再開発事業”. 都市計画同人. 2017年11月12日閲覧。
  4. ^ 商店会について”. 川崎パレール商店会. 2017年11月12日閲覧。
  5. ^ 庁舎案内”. 川崎市川崎区役所 (2016年8月29日). 2017年11月12日閲覧。
  6. ^ “チェーンストアエイジThe Interview 相鉄ローゼン代表取締役社長 伊藤英男”. ダイヤモンドオンライン. (2011年2月14日). http://diamond.jp/articles/-/11122?page=5 2017年11月12日閲覧。 
  7. ^ 会社沿革”. ビック・ライズ. 2017年11月12日閲覧。