パワーセンター大津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パワーセンター大津(パワーセンターおおつ、略称:PCO)は、滋賀県大津市瀬田にあったショッピングセンターオリックスが運営していた。

沿革[編集]

施設構成[編集]

パワーセンター大津[編集]

  • 1階:食品とフードコート、アミューズメントのフロア
  • 2階:ファッション、ライフスタイルのフロア
  • 3階-5階、屋上:駐車場

3階までのエスカレーターが2ヶ所ある他、エレベーターが2台設置されている。

  • 2016年3月31日に全ての店舗が撤退。2017年4月までにすべての建物が解体された。

レイクサイドガーデン[編集]

レイクサイドガーデンという平屋建ての別館があり、スポーツ用品店などの大型専門店を中心に営業している。また、隣接して飲食店などが複数立地している。 2005年に開業[要出典]。屋上駐車場あり。

  • スポーツDEPO
  • ゴルフ5
  • ジョイフル
  • カーテンじゅうたん王国
  • 理容プラージュ
  • いいな整骨院
  • カーブス
  • オンセンド
  • ウォッチクリニック井上

過去に存在した主なテナント[編集]

  • 家電量販店
    • 和光デンキ 2003年、倒産と共に閉店[2]
    • 上新電機 - かつては現在のスシロー瀬田店のところにあったが、和光デンキの閉店後に空きテナントとなった場所に移転開店。イオンモール草津へ移転のため、2008年11月17日限りで閉店[2]
  • その他
    • ニトリ - 2009年1月25日限りで閉店[3]。4年弱のブランクを経て、2012年12月21日に三洋電機工場跡にニトリ大津瀬田店として再び開店。
    • 三洋堂書店 - 2009年3月限りで閉店[4]
    • スーパークイーン大津店 - 2009年7月26日限りで閉店(エフマートPCO萱野浦店がテナント入り。)
    • エフマートPCO萱野浦店 閉店(バローがテナント入り。)
    • ライトオン - 2010年8月、撤退[5]
    • トイザラスベビーザらス 大津店 - 2015年2月1日閉店。イオンモール草津に草津店として移転。(2015年6月25日オープン)
    • ダイソー パワーセンター大津店 - 2015年10月12日閉店。
    • ステーショナリーB2 (文房具・ファンシー)
    • ラジコン天国
    • キッズUSランド/マート
    • バロー 大津東店 - 2015年10月31日閉店。
    • スタジオアリス
    • ヘアーダンク
    • アフラックサービスショップ - 2016年3月31日閉店。アル・プラザ瀬田店に移転。
    • ちゃんぽん亭総本家 - 2016年10月1日からビエラ大津に移転。

交通[編集]

公共交通
昼間時はおおむね1時間に1本が運行されている[6]
自動車
  • 湖岸道路の沿線(国道1号近江大橋の間)に位置している。なお、駐車場は約1,100台分が設けられている。

その他[編集]

イオンモール草津2008年11月に近江大橋東側へ開業した影響等で、核テナントのひとつである上新電機が2009年で閉店しイオンモール草津へ移転するなど、核テナントの退店の影響等により来客数は減少した[2]。この他にも、多くのテナントが開業当時とは入れ替わっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ PCOインフォメーション (2009年9月19日). “食品スーパー“エフマートPCO萱野浦店”オープン!”. 2011年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c BUBBLE-B (2008年11月30日). “地方の大型ショッピングセンター、その栄枯盛衰”. 2011年2月24日閲覧。
  3. ^ 瀬田エクスプレス (2009年1月29日). “弱肉強食の世界 レイクサイドガーデンの危機”. 2011年2月24日閲覧。
  4. ^ 瀬田エクスプレス (2009年3月21日). “またもや・・・パワーセンター大津から三洋堂書店撤退”. 2011年2月24日閲覧。
  5. ^ Right-on (2010年8月23日). “月次売上高前年比情報に関するお知らせ”. 2011年2月24日閲覧。
  6. ^ 停留所名:パワーセンター大津PCO(時刻表検索ページ) - 近江鉄道(2011年1月5日閲覧)

座標: 北緯34度59分26.4秒 東経135度54分38秒