パワー・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パワー・ゲーム
Paranoia
監督 ロバート・ルケティック
脚本 ジェイソン・ホール英語版
バリー・L・レヴィ英語版
原作 ジョゼフ・フィンダー
『侵入社員』
製作 アレクサンドラ・ミルチャン
スコット・ランバート
ウィリアム・D・ジョンソン
ディーパック・ナヤール
製作総指揮 スチュアート・フォード
サム・イングルバート
シドニー・ダマズ
クリストフ・ランデ
アレン・リウ
ウィリアム・S・ビーズレイ
デヴィッド・グレートハウス
ダグラス・アーバンスキー
ライアン・カヴァナー
タッカー・トゥーリー
出演者 リアム・ヘムズワース
ゲイリー・オールドマン
アンバー・ハード
ハリソン・フォード
ルーカス・ティル
エンベス・デイヴィッツ
ジュリアン・マクマホン
ジョシュ・ホロウェイ
リチャード・ドレイファス
音楽 ジャンキー・XL
撮影 デヴィッド・タッターサル
編集 ダニー・クーパー
トレイシー・アダムズ
製作会社 ゴーモン
エンターテインメント・ワン英語版
IM・グローバル英語版
配給 アメリカ合衆国の旗 レラティビティ・メディア
日本の旗 東京テアトル/ハピネット
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年8月16日
日本の旗 2014年11月15日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $35,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $13,785,015[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $7,385,015[1]
テンプレートを表示

パワー・ゲーム』(原題: Paranoia)は、2013年アメリカ合衆国で製作されたスリラー映画ジョゼフ・フィンダーの小説『侵入社員』を原作にしており、ロバート・ルケティックが監督を務めた。出演はリアム・ヘムズワースゲイリー・オールドマンアンバー・ハードハリソン・フォード

ストーリー[編集]

巨大IT企業「ワイアット社」に勤める青年アダムは、野心家だがなかなか結果を出せずにいた。ある日、アダムは自身の失敗の腹いせに会社の経費を私的流用してしまい、これがCEOであるワイアットに発覚してしまう。終わりを覚悟するアダムだったが、ワイアットは彼に極秘である命令を下す。それはワイアットの長年のライバルであるゴダードがCEOを務める巨大IT企業「アイコン社」に潜入し、新製品の情報を盗み出せというものだった。

ワイアットに弱みを握られてしまったアダムは断ることもできず、「アイコン社」に社員として潜入することになる。そこでアダムは幹部職員のエマと親密な仲になり、次第にゴダードからも信頼を勝ち得ていくのだった。今までとは打って変わった生活に酔いしれるアダムだったが、彼を待っていたのはワイアットとゴダード、二人の経営者の恐るべき本性だった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語版スタッフ[編集]

  • 日本語字幕 - 杉山緑
  • 日本語吹替翻訳 - 税田春介
  • 日本語吹替演出 - 宇出喜美

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Paranoia” (英語). Box Office Mojo. 2015年2月3日閲覧。