パンテオンシネマズAKiTA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パンテオンシネマズAKiTA
Pantheon Cinemas Akita
Akita alve.jpg
パンテオンシネマズAKiTAが入居していた
秋田拠点センターアルヴェ
情報
正式名称 パンテオンシネマズAKiTA
開館 2004年7月16日
閉館 2005年10月14日
客席数 718
設備 SRD-EX
用途 映画上映
運営 M&Tピクチャーズ
ラスカルピクチャーズ
所在地 秋田県秋田市中通7-1-3
秋田拠点センターアルヴェ2階

パンテオンシネマズAKiTA(パンテオンシネマズあきた)は、秋田市秋田拠点センターアルヴェ民間低層棟で営業していたシネマコンプレックス

概要[編集]

水野晴郎プロデュースにより、水野自身の個人事務所「M&T ピクチャーズ」(西田和昭代表)が主体となり、同市南通亀の町(通称・有楽町)で「秋田パンテオン」や「秋田有楽座」を経営する「第一商事」と提携して運営していた。2004年(平成16年)7月16日オープン。

その後、2004年(平成16年)後半から西田和昭の病気療養を理由に「M&T ピクチャーズ」に出資していた「ラスカルピクチャーズ」が運営に当たっていたが、2005年(平成17年)10月に再び「M&T ピクチャーズ」に運営が戻った。

しかし、テナント料の問題として裁判沙汰になったことから2005年(平成17年)10月14日突然の休業に入り、事実上の撤退をした[1]

後継テナントとして、民間棟部分のビルオーナーの秋田新都心ビルの作業が難航したことから、民間棟のテナント会有志が、黒沢久雄の事務所に直接掛け合って交渉するなど、後継探しが二分している状況になっていた時期もあった。

後に、テナント有志側が駅の映画館 AKITAシアターの名称で暫定営業を行った[2][3]

その後、岩手県盛岡市で名劇、ルミエール、ピカデリーなど5館の映画館を展開する岩手県盛岡市の南部興行が運営に名乗りを上げた。同社は「AKITAシアター」(現・ルミエール秋田)の名称で、2006年11月18日から営業を行っている[2][3]

施設概要[編集]

パンテオンシネマズAKiTAは5スクリーン、全718席[1]。全館にSRD-EXを導入。聴覚障害者に対応した骨伝導スピーカーヘッドホンシステム)も導入。

車椅子用の席を中央部に設置していた。

施設面では秋田県で一番の[要出典]映画館であった。

沿革[編集]

2004年(平成16年)[編集]

2005年(平成17年)[編集]

  • 2月19日 - 『火火』公開に伴い、高橋伴明監督舞台挨拶のため来館。
  • 4月 - 秋田新都心ビルと水野晴郎側との間で約4500万円の債務弁済契約を結ぶ。また5月末日までの建物明け渡しを求める。
  • 5月28日 - 『機動戦士Ζガンダム 星を継ぐ者』公開。上映開始時間を09:00から08:30へ変更。
  • 6月 - 秋田新都心ビル、約4500万円の支払いと建物の明け渡しを求めラスカルと水野晴郎を相手取り東京地裁に提訴。
  • 6月16日 - 『バットマン ビギンズ』プレミアム上映。
  • 7月2日 - ワーナー・ブラザースの配給が打ち切られる。
  • 8月29日 - 上映開始時間を08:30から09:00へ戻す。
  • 10月12日 - 運営がラスカルからM&Tピクチャーズへ戻る。20世紀フォックスUIP東芝エンタテインメントの配給が打ち切られる。
  • 10月14日 - 突然の休館[1]
  • 11月2日 - 水野晴郎とM&Tピクチャーズ西田和昭代表らが秋田市役所を訪れ、佐竹敬久市長に対し映画館再開の意欲を伝えるとともに、再開への側面的な支援を依頼する。
  • 11月16日 - 秋田新都心ビルが映画館を運営するM&Tピクチャーズや水野晴郎などを相手取り、建物の明け渡しとテナント料などの支払いを求めた訴訟判決が東京地裁であり、新都心ビル側の主張を全面的に認めた。秋田新都心ビルは秋田地裁に明け渡しの仮執行の手続に入る旨を発表した[4]
  • 11月25日 - 秋田新都心ビル関口昇司社長は、映画運営会社を今年度中に決定し、来年3月までには映画館を再開させる考えであることを発表した。
  • 12月1日 - M&Tピクチャーズや水野晴郎は控訴期限の12月1日までに控訴しなかったため、東京地裁での判決が確定。ただし、ラスカルピクチャーズは判決に不服として東京高裁に控訴した。

2006年(平成18年)[編集]

  • 8月5日 - 9月15日までの期間限定で、テナント有志が「駅の映画館 AKITAシアター」の名称で、一時再開する[3]
  • 9月14日 - 採算ライン(このクラスの規模では平均:100人/日と発表されている)をクリアしたことから、「駅の映画館 AKITAシアター」における当面の運営継続が決まる。継続期間は、長期運営が可能な後継テナント(せっかく見つかった後継テナントに1年程度で撤退されては困るとの判断より)が見つかるまでとのことだが、採算ラインが維持できない場合はその時点での打ち切りもあり得ると発表。
  • 11月18日 - 経営に名乗りを上げた岩手県盛岡市の南部興行により、AKITAシアターとして1年1ヶ月ぶりにフルオープンする[2]

2007年(平成19年)[編集]

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?[編集]

秋田県が舞台となった「釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」は、県内では7映画館で上映され、入場者数は約5万5千人だった。中でもパンテオンシネマズAKiTAは約2万2千人を動員し、全国の映画館の中でも5位内に入る動員数を記録した。

上映作品[編集]

日本映画では松竹作品、外国映画ではワーナー・ブラザース20世紀フォックスUIP作品が中心となっていた。

釣りバカ日誌15 ハマちゃんに明日はない!?」では、記録的な観客数を動員したが、それ以外では人気作品の配給をとることができず、集客面ではかなり苦戦していた。韓流映画も積極的に上映したが、観客数は伸びなかった。

また、集客力のある「イオン秋田・TOHOシネタウン」(現「TOHOシネマズ秋田」)に優先的に配給をしたい大手配給会社の思惑もあり、東宝東映ブエナビスタソニー・ピクチャーズ エンタテインメント作品は一度も上映されなかった。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c ““水野晴郎プロデュース” 秋田のシネコン「パンテオンシネマズ秋田」が1年で休館”. 河北新報 (河北新報社). (2005年10月14日) 
  2. ^ a b c d “暫定営業中の映画館が長期運営へ - 「ルミエール秋田」へ名称変更”. 秋田経済新聞 (みんなの経済新聞ネットワーク). (2007年4月24日). https://akita.keizai.biz/headline/20/ 2017年5月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d ルミエール秋田”. 港町キネマ通り (2016年11月). 2017年5月21日閲覧。
  4. ^ 津村豊和 (2005年11月17日). “パンテオンシネマズ休館:明け渡し訴訟、新都心側が勝訴−−東京地裁 /秋田”. 毎日新聞 (毎日新聞社)