パンポット (MIDI)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パンポット (: pan pot) またはパン (: pan) は、MIDIコントロールチェンジのひとつで、音像定位を左右方向の任意の位置に設定する。コントロール番号10。

類似のコントロールチェンジにバランス (コントロール番号8) があり、ステレオスピーカーの左右の音量バランスを設定する。

仕様[編集]

MIDI規格では、値は0(左端)から127(右端)の範囲をとり、64を中央と定めている[1]

GM2の規定では、定位の異なる音が混在するようなリズム・チャンネルでは、パンポットは全体の定位を相対的に移動させる[2]。リズム・チャンネルでの音色(ノート番号)ごとの定位は、システム・エクスクルーシブのキーベースド・コントローラーで設定できる[3]

RP-036 “Default Pan Curve” は、パン・カーブ(パンロウ)の実装にかかわる補則を加えており、正しい中央定位を得られることや、電力を保ったステレオチャンネル間配分をすることを求めている[4]。ここでは推奨される計算式が示されており、余弦波・正弦波ペアのパンロウを使用し、また値の実用範囲を1から127とすることで範囲の中央を64にしている(0と1は共に左端定位となる)。

出典[編集]

  1. ^ MIDI 1.0 規格書』(PDF)音楽電子事業協会、2016年7月27日、PDF版、2-13頁。ISBN 4-8456-0348-9。
  2. ^ RP-024 GM システム・レベル 2』(PDF)音楽電子事業協会、1999年、7頁。
  3. ^ (PDF) CA-023 Key-Based Instrument Controllers. MMA/AMEI. (1999). http://amei.or.jp/midistandardcommittee/RP&CAj.html. 
  4. ^ (PDF) RP-036 Default Pan Curve. MMA/AMEI. (2002). http://amei.or.jp/midistandardcommittee/RP&CAj.html. 

参考文献[編集]

用語説明”. 音楽電子事業協会. 2019年8月9日閲覧。

関連項目[編集]

コントロールチェンジ
連続可変系統 : #0 - #1 - #2 - #4 - #5 - #6 - #7 - #8 - #10 - #11 - #16 - #17 - #18 - #19
#32 - #33 - #34 - #36 - #37 - #38 - #39 - #40 - #45 - #46 - #47 - #48
スイッチ系統#64 - #65 - #66 - #67 - #69 - #70 - #80 - #81 - #82 - #83 - #91 - #92 - #93 - #94 - #95
特殊系統 : #96 - #97 - #98 - #99 - #100 - #101
モード・メッセージ (MIDI) : #120 - #121 - #122 - #123 - #124 - #125 - #126 - #127