パン・タデウシュ物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パン・タデウシュ物語
Pan Tadeusz
監督 アンジェイ・ワイダ
脚本 アンジェイ・ワイダ
ヤン・ノヴィナ=ザジツキ
ピョートル・ヴェレスニャクポーランド語版
原作 アダム・ミツキェヴィチ
パン・タデウシュ
製作 レフ・ルィヴィンポーランド語版
製作総指揮 ミハウ・シュチェルビツポーランド語版
出演者 ボグスワフ・リンダポーランド語版
ミハウ・ジェブロフスキポーランド語版
アリツィア・バフレダ=ツルシポーランド語版
音楽 ヴォイチェフ・キラール
撮影 パヴェル・エデルマン
編集 ヴァンダ・ゼーマンポーランド語版
製作会社 Apollo Film
Canal+ Polskaポーランド語版
Canal+
Cinematography Committee APF
Film Production Agency
Heritage Films
レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
Max-Film
Neptun Film
Odra Film
Silesia Film
Vision Film Productions
配給 フランスの旗 レ・フィルム・デュ・ローザンジュ
日本の旗 アスミック・エース
公開 ポーランドの旗 1999年10月18日
フランスの旗 2000年3月22日
日本の旗 2000年12月16日
上映時間 154分[1]
127分[2]
125分[2]
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
フランスの旗 フランス
言語 ポーランド語
製作費 PLN 12,500,000[2]
テンプレートを表示

パン・タデウシュ物語』(パンタデウシュものがたり、Pan Tadeusz)は1999年ポーランド英語版フランス歴史映画ポーランド文学の最高傑作と言われるアダム・ミツキェヴィチの長編叙事詩パン・タデウシュ[3]をポーランド映画界の巨匠アンジェイ・ワイダ監督により完全映画化した作品である[1]。 出演はボグスワフ・リンダポーランド語版ミハウ・ジェブロフスキポーランド語版など。

なお、「パン(Pan)」はポーランド語で「男性の主人」を意味し、2人称の敬称や、人名の頭に付けることで「〜氏、〜さん」の意味(英語の「Mr.」に相当)にも使われる。

同原作の映像化作品としては1928年のポーランドのサイレント映画Pan Tadeusz』がある[4]

ストーリー[編集]

ナポレオンモスクワ遠征を目前に控えた1811年から1812年リトアニアの農村を舞台に、対立する小貴族(シュラフタ)ソプリツァ家とホレシュコ家に生まれた若い男女の愛を、ロシア帝国の支配下にあった当時のリトアニアの歴史を背景に描く。

原作者であるミツキェヴィチがパリでポーランド人亡命者らを前に原作を朗読する形式で物語が構成されている。

キャスト[編集]

トリビア[編集]

本作は、ポーランド出身のローマ教皇(当時)ヨハネ・パウロ2世アンジェイ・ワイダ監督が出席した、バチカンでの私的な上映会で初上映された[5]。教皇は「アダム・ミツキエヴィチがこの映画を見たら、どんなに喜んだことでしょう。」との感想を述べている[6]

ヒロイン・ゾーシャを演じたアリツィア・バフレダ=ツルシ英語版はオーディションでワイダ監督が見出した高校生で、これが女優としてのデビュー作である[6]。因みに、彼女は2009年にアイルランド出身のハリウッド俳優コリン・ファレルの息子を生んだことでも知られる[7]

出典[編集]

  1. ^ a b 映画 パン・タデウシュ物語”. allcinema. 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ a b c Pan Tadeusz (1999)” (英語). IMDb. 2013年4月21日閲覧。
  3. ^ パン・タデウシュ物語”. KINENOTE. 2013年4月21日閲覧。
  4. ^ Pan Tadeusz (1928)” (英語). IMDb. 2013年4月21日閲覧。
  5. ^ Pan Tadeusz (1999) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年4月21日閲覧。
  6. ^ a b パン・タデウシュ物語 − 映画作品紹介−”. CINEMA TOPICS ONLINE. 2004年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月21日閲覧。
  7. ^ “コリン・ファレルに男児誕生 2児のパパに!”. シネマトゥデイ. (2009年11月2日). https://www.cinematoday.jp/page/N0020547 2013年4月21日閲覧。 

関連項目[編集]