パン屋再襲撃 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パン屋再襲撃』(パンやさいしゅうげき)は、村上春樹短編小説2010年メキシコアメリカ合衆国合作で映画化された。

概要[編集]

初出 マリ・クレール』1985年8月号
収録書籍 パン屋再襲撃』(文藝春秋、1986年4月)

タイトルに「再」とある通り、本作は『早稲田文学』の1981年10月号に掲載された「パン屋襲撃」の続編にあたる作品である。

2012年3月8日、「パン屋襲撃」と本作の2短編が、ドイツのデュモン社よりカット・メンシックのイラストレーション付きで一冊の本として出版された(タイトルは『Die Bäckereiüberfälle』)。そして翌年2013年2月28日、新潮社より同書の日本語版『パン屋を襲う』が出版される。その際加筆修正がなされ、本作のタイトルも「再びパン屋を襲う」に変わった。

英訳[編集]

タイトル The Second Bakery Attack
翻訳 ジェイ・ルービン
初出 Playboy』1992年1月号
収録書籍 The Elephant Vanishes』(クノップフ社、1993年3月)

あらすじ[編集]

その頃「僕」は法律事務所に勤めており、妻はデザイン・スクールで事務の仕事をしていた。2週間ほど前に結婚したばかりだった。

二人は深夜に突然、耐え難い空腹を覚える。それは昔「僕」が親友と行ったパン屋襲撃の失敗が、夫婦に呪いとして降りかかっているせいだと妻は説明した。「僕」たちはかけられた呪いを解くために散弾銃で武装し、再び襲撃を目論むが、夜更けの東京に開店しているパン屋はなかった。そこで妻はマクドナルドを襲うことを提案し、「僕」は促されるまま実行に移す。

映画[編集]

メキシコアメリカ合衆国合作の短編映画。上映時間10分。2010年製作。原題は『The Second Bakery Attack』。

関連項目[編集]