パヴェル・クカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パヴェル・クカ Football pictogram.svg
Pavel Kuka 2013.JPG
名前
ラテン文字 Pavel Kuka
基本情報
国籍 チェコの旗 チェコ
生年月日 (1968-07-19) 1968年7月19日(48歳)
出身地 プラハ
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1989 チェコの旗 RHヘプ 36 (9)
1989-1994 チェコの旗 スラヴィア・プラハ 125 (62)
1994-1998 ドイツの旗 カイザースラウテルン 118 (53)
1998-1999 ドイツの旗 1.FCニュルンベルク 28 (10)
1999-2000 ドイツの旗 VfBシュトゥットガルト 20 (1)
2000-2005 チェコの旗 スラヴィア・プラハ 110 (33)
代表歴
1990-1993 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア[1] 24 (7)
1994-2001 チェコの旗 チェコ[1] 63 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

パヴェル・クカ(Pavel Kuka, 1968年7月19日 -)は、チェコの元サッカー選手指導者。ポジションはFW

経歴[編集]

クカは1987年でRHヘプ選手キャリアをスタートすると、1989年にスラヴィア・プラハへ移籍した。1994年に175万ドイツマルクの移籍金でドイツブンデスリーガ1.FCカイザースラウテルンへ移籍すると8得点を挙げる活躍でリーグ2位に貢献した。カーザースラウテルンでは1996年にDFBポカール優勝を経験するが、そのシーズンに2部リーグへ降格。その後は同じブンデスリーガの1.FCニュルンベルクVfBシュトゥットガルトを渡り歩き、ブンデスリーガ1部通算114試合出場50得点、2部通算で25試合出場14得点を記録した。2000年からはスラヴィア・プラハへ復帰を果たし、2002年のチェコ共和国カップ優勝に貢献し、2005年に現役を引退した。

代表レベルではチェコスロバキア代表としては、1990年8月のフィンランドとの親善試合で代表デビューを飾り、1993年までに国際Aマッチ24試合に出場し7得点を記録した。チェコとスロバキアの分離独立後はチェコ代表に選出され、UEFA EURO '96UEFA EURO 2000に出場。UEFA EURO '96では同国の大会準優勝に貢献した。2001年9月5日のマルタ戦で代表から退くまで国際Aマッチ63試合に出場し22得点を記録した。

現役引退後の2005年5月からはFKプジーブラムの監督を務めていたが、現在はサッカー代理人を務めている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Pavel Kuka - STATISTIKY REPREZENTANTŮ”. FOTBAL.CZ. 2015年8月20日閲覧。