パヴェル・コーガン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パヴェル・レオニドヴィチ・コーガン
Pavel Kogan.jpg
基本情報
生誕 (1952-06-06) 1952年6月6日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の国旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国モスクワ
学歴 モスクワ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ヴァイオリニスト指揮者
担当楽器 ヴァイオリン

パヴェル・レオニドヴィチ・コーガンロシア語: Павел Леонидович Коган, ラテン文字転写:Pavel Leonidovich Kogan, 1952年6月6日 - )[1]は、ソビエト連邦指揮者

略歴[編集]

モスクワレオニード・コーガンの息子として生まれた。当初はモスクワ音楽院でユーリ・ヤンケレヴィチの下でヴァイオリンを学び、1970年シベリウス国際ヴァイオリン・コンクールでリアナ・イサカゼと一位を分け合った。

一方で、イリヤ・ムーシンレオ・ギンズブルク指揮法を学び、1972年ソヴィエト国立交響楽団で指揮者デビューを果たした。 以後、エフゲニー・ムラヴィンスキーエフゲニー・スヴェトラーノフらの招きに応じてソ連国内の主要オーケストラに客演を重ねた。 1988年から1990年までザグレブ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を歴任し、1989年からモスクワ国立交響楽団の首席指揮者に就任している。 1998年から2005年までユタ交響楽団の首席客演指揮者を兼任した。

出典[編集]

  1. ^ [1]