パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー
パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー.JPG
施設情報
所在地 神奈川県川崎市中原区新丸子東三丁目1100-15
座標 北緯35度34分31.2秒 東経139度39分41秒 / 北緯35.575333度 東経139.66139度 / 35.575333; 139.66139座標: 北緯35度34分31.2秒 東経139度39分41秒 / 北緯35.575333度 東経139.66139度 / 35.575333; 139.66139
状態 完成
建設期間 2005年平成17年)
竣工 2008年(平成20年)
用途 共同住宅店舗
地上高
高さ 162.8m
各種諸元
階数 地上47階、地下3階
敷地面積 14,327.45
※E地区全体
延床面積 92,677.92
※E地区全体
構造形式 鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
戸数 643戸
関連企業
デベロッパー 三井不動産・新日石不動産
テンプレートを表示

パークシティ武蔵小杉ステーションフォレストタワー(パークシティむさしこすぎステーションフォレストタワー)は、神奈川県川崎市中原区に所在する超高層マンション

概要[編集]

小杉駅南部地区E地区再開発によって建設された。かつては武蔵小杉駅の過去の名称「グランド前停留所」の通り東京三菱銀行(当時)のグラウンドが広がっていたことから隣接するD地区(パークシティ武蔵小杉ミッドスカイタワー)と共にグランド地区として再開発された[1]。神奈川県内では4番目に高い超高層ビルとなっている。商業施設としてフーディアム武蔵小杉も併設されている。同時期には不二サッシ跡地などにも超高層マンションが建設されている。外観などの設計は光井純が担当した。

歴史[編集]

  • 2004年(平成16年)12月20日 - 都市計画決定。
  • 2005年(平成17年)11月 - 着工[2]
  • 2008年(平成20年)5月 - 商業施設としてパークシティ武蔵小杉プラザ(フーディアム武蔵小杉)が開業。
  • 2008年(平成20年)8月 - 竣工。
  • 2014年(平成26年) - 武蔵小杉プラザを常和ホールディングス(現ユニゾホールディングス)に売却。
  • 2019年(令和元年)10月- 令和元年東日本台風(台風19号)により大きな被害を受ける[3][4]

アクセス[編集]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]