パークナムポー駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パークナムポー駅
ปากน้ำโพ
Pak Nam Pho
(6.59km) ブンボーラプート
所在地 タイ王国の旗 タイ王国
ナコーンサワン県
ムアンナコーンサワン郡
駅番号 1083
所属事業者 タイ国有鉄道
等級 一等駅
所属路線 北本線
キロ程 250.56km(クルンテープ駅起点)
電報略号 ปพ.
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1905年10月31日
テンプレートを表示

パークナムポー駅(パークナムポーえき、タイ語:สถานีรถไฟปากน้ำโพ)は、タイ王国北部ナコーンサワン県ムアンナコーンサワン郡にある、タイ国有鉄道北本線である。

概要[編集]

パークナムポー駅タイ王国北部ナコーンサワン県県庁所在地で、人口約24万人が暮らすムアンナコーンサワン郡にある。駅の正面側は西向きであり、チャオプラヤー川の東側に位置する。クルンテープ駅バンコク)より250.56km地点に位置し、快速列車利用で4時間30程度である。

駅名こそパークナムポーを名乗っているが、ナコーンサワン市街地には隣のナコーンサワン駅よりはるかに近い。この為本駅をナコーンサワン駅と勘違いされることもある。しかし本駅よりナコーンサワン市街地に行くためには、間にチャオプラヤー川が流れている為渡し船を利用せざるをえない。また当駅より車を利用してナコーンサワン市街地に行く場合でも前記の川を超える為の橋まで大回りしなければならず、結局ナコーンサワン市街地に行くためには当駅でもナコーンサワン駅でも大差がない。

一等駅であり、1日当たり13列車(上り7列車、下り6列車)が発着しその内訳は、上下列車が快速2往復、普通4往復であり、上り列車のみこれに、ディーゼル特急1列車が加わる。当駅を含むロッブリー駅より終点チエンマイ駅までは、単線区間である。

歴史[編集]

1897年3月26日にタイ官営鉄道最初の区間が、クルンテープ駅 - アユタヤ駅間に開業した[1]が、それから複数回に及ぶ延伸開業をへた8後の1905年10月31日に当駅まで延長した。開業当初は終着駅であったが、15月後の1907年1月24日ピッサヌローク駅まで延長され中間駅となった[2]

  • 1897年3月26日 【開業】クルンテープ駅 - アユタヤ駅 (71.08km)
  • 1897年5月1日 【開業】アユタヤ駅 - バーンパーチー駅 (18.87km)
  • 1901年4月1日 【開業】バーンパーチー駅 - ロッブリー駅 (42.86km)
  • 1905年10月31日【開業】ロッブリー駅 - パークナムポー駅 (117.75km)
  • 1907年1月24日 【開業】パークナムポー駅 - ピッサヌローク駅 (138.66km)

駅構造[編集]

単式及び島式1面の複合型ホーム2面2線をもつ地上駅であり、駅舎はホームに面している。

パークナムポー車輛所[編集]

当駅に隣接してナコーンサワン駅側に、パークナムポー車輛所がある[3]。規模は小さいが転車台、扇形機関庫があり、退役したB.B.C.11、B.L.C.24操重車が静態保存されている[4]。また古い貨車が当駅に保管(展示?)されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.25
  2. ^ 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 p.27
  3. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』 p.328
  4. ^ 『タイ国鉄4000キロの旅』 p.328p.672

参考文献[編集]

  • 岡本和之 『タイ鉄道旅行』 (めこん、1993年)ISBN 4-8396-0080-5
  • 柿崎一郎 『王国の鉄路 タイ鉄道の歴史』 (京都大学学術出版会、2010年)ISBN 978-4-87698-848-8
  • 渡邉乙弘 『タイ国鉄4000キロの旅』 (文芸社、2013年)ISBN 978-4-286-13041-5

関連項目[編集]