パーフェクト・ヤサイ・ジュニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パーフェクト・ヤサイ・ジュニア
Philippines Foreign Secretary Yasay Addresses Reporters at a News Conference (28502880421).jpg
フィリピンの旗 フィリピン共和国外務大臣
任期
2016年6月30日 – 2017年3月8日
大統領 ロドリゴ・ドゥテルテ
前任者 ジョゼ・アルメンドラス英語版(代行)
後任者 エンリケ・マナロ英語版(代行)
個人情報
生誕 パーフェクト・リバス・ヤサイ・ジュニア
(1947-01-27) 1947年1月27日(71歳)
Flag of the Philippines (navy blue).svgフィリピン、キダパワン
政党 バンゴン・ピリピナス党
配偶者 セシル・ジョアキン
出身校 セントラル・フィリピン大学
フィリピン大学ディリマン校
アテネオ・デ・マニラ大学
宗教 プロテスタント(フィリピン合同教会)
公式サイト 公式サイト

パーフェクト・リバス・ヤサイ・ジュニア: Perfecto Rivas Yasay Jr.1947年1月27日 - )は、フィリピンの弁護士、政治家。元証券取引委員会委員長。2010年の総選挙では大統領候補のエディー・ビリャヌエバとともに、バンゴン・ピリピナス党から副大統領に立候補した。2016年5月18日にロドリゴ・ドゥテルテ大統領からの入閣要請を受諾し[1]、外相に就任したものの、議会からの承認は得られず更迭された。氏名はスペイン語タガログ語の読み方に従ってペルフェクト・ヤサイとも書かれる[2][3][4]

経歴[編集]

牧師のパーフェクト・ヤサイ・シニアと公立校教諭のデボラ・リバスの子として、コタバト州北部のキダパワンに生まれる。1963年にダバオ市高校を卒業後、1967年にイロイロのセントラル・フィリピン大学で政治学の学士号を取得。フィリピン大学から法学の学位も得た。大学時代は、大統領のドゥテルテと同じ寮で起居をともにした[5]

その後、アメリカ合衆国に渡り、1979年から1990年まで2か所の法律事務所(マセダ・ヤサイ・アンド・トレンティーノとヤサイ・アンド・デ・カストロ)のシニアパートナーを、1983年から1987年までマセダ・フィリピン・ニュースの社長を務めた。また、ジャシント・ファイナンスやマリレーネ・J・グループ、クリセムなどの会社を設立した。フィリピンでは、1987年から1993年までサンジョゼ・ヤサイ・アンド・サントス法律事務所のコミッショナーを務めた。

1993年にフィリピンの証券取引委員会の準委員に任命され、1995年から2000年まで委員長を務めた。

ジョセフ・エストラーダ大統領の汚職疑惑に関する弾劾裁判では証言台に立ち、2001年のエストラーダ追放(第二次エドゥサ革命)に貢献した。2010年2月15日、ヤサイはエストラーダを傷つけ、攻撃したことについて謝罪したが、これは元大統領の「職権乱用と汚職」に関する証言の撤回ではないとも明言した。

2010年の大統領選挙に向けて、ヤサイは2009年11月29日、バンゴン・ピリピナス党の大統領候補指名を受諾した。同党の大統領候補は、イエスは主教会の創設者で代表のエディー・ビリャヌエバであった。また、他の3政党の上院議員候補者名簿に名を連ねることを提案されたことも書面で公表した。しかし、副大統領選挙ではマカティ市長のジェジョマール・ビナイに敗れた。

2016年に大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテ大統領より外相に指名される。同年8月に国際連合がドゥテルテの麻薬犯罪取締りに絡む超法規的な殺人容認政策を非難したことを受け、ドゥテルテが国連脱退を示唆した発言の釈明に追われたり[6]、また2017年2月の東南アジア諸国連合 (ASEAN) 外相会合では東シナ海における中国の軍事活動に懸念を示すことで各国を取りまとめ[7]、これに反発した中国が高虎城商務相のフィリピン訪問を直前になって延期するなど[8]、外相として活動。しかし就任に必要な議会での承認を得るために開かれた公聴会で、アメリカの国籍を取得しているにもかかわらず虚偽の答弁をしたことが問題視され、2017年3月8日に議会はヤサイの外相指名を満場一致で却下した[9][10]。これを受けエンリケ・マナロ英語版外務次官が外相代行となった[11]

人物[編集]

妻は元人口委員会事務局長のセシル・ホアキンで、オリバー、ラベーナ、ステファニーの3人の子どもがいる。

脚注[編集]

  1. ^ Yasay accepts Duterte offer to be acting DFA chief” (英語). Rappler (2016年5月22日). 2016年5月30日閲覧。
  2. ^ ヤサイ・フィリピン新外務大臣の就任に対する祝意の伝達 外務省、平成28年7月1日
  3. ^ フィリピン外相、国連に「不干渉」求める 国連総会 AFPBB News、2016年9月25日
  4. ^ ASEAN結成50年 話し合い精神で紛争解決/議長国フィリピン ヤサイ外相に聞く しんぶん赤旗、2017年1月4日
  5. ^ 「「南シナ海 議題に」フィリピン外相 来年ASEANで」『日本経済新聞』2016年12月29日付朝刊6面
  6. ^ “フィリピン外相、国連脱退は否定 大統領発言を説明”. ロイター日本語ニュース (ロイター). (2016年8月22日). http://jp.reuters.com/article/philippines-un-yasay-idJPKCN10X0LS 2017年3月9日閲覧。 
  7. ^ “ASEAN、南シナ海での中国の動向を懸念=フィリピン”. ロイター日本語ニュース (ロイター). (2017年2月21日). http://jp.reuters.com/article/asean-philippines-idJPKBN1600K0 2017年3月9日閲覧。 
  8. ^ “中国商務相、23日のフィリピン訪問を突然延期=比政府筋”. ロイター日本語ニュース (ロイター). (2017年2月23日). http://jp.reuters.com/article/chinacommerceminister-philipplinesvisit-idJPKBN1620GB 2017年3月9日閲覧。 
  9. ^ “フィリピンのヤサイ外相、議会が承認拒否 就任8カ月後”. ロイター日本語ニュース (ロイター). (2017年3月8日). http://jp.reuters.com/article/philippines-politics-idJPKBN16F0ZN 2017年3月9日閲覧。 
  10. ^ “比外相、更迭へ”. 時事ドットコムニュース (時事通信社). (2017年3月8日). http://www.jiji.com/jc/p?id=20170308214226-0023485045 2017年3月9日閲覧。 
  11. ^ Duterte appoints Enrique Manalo as DFA Acting Secretary” (英語). CNN Philippines英語版. Nine Media Corporation英語版 (2017年3月9日). 2017年3月9日閲覧。