パーマ大佐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
パーマ大佐
本名 國土 郁音
生年月日 (1993-08-26) 1993年8月26日(26歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県北本市
血液型 B型
身長 172cm
言語 日本語
方言 埼玉弁
最終学歴 正智深谷高等学校[1]
コンビ名 酒井・國土(解散)
相方 酒井直斗(酒井・國土)
芸風 ウクレレ漫談
事務所 太田プロダクション
活動時期 2012年7月5日 [2]-
同期

コロコロチキチキペッパーズカミナリコアラ小嵐サツマカワRPGたかまつなな、豆の類の妖怪[3]

、ウノ山本[4]など
過去の代表番組 植木等とのぼせもん
他の活動 YouTuber
配偶者 未婚
公式サイト 公式プロフィール
パーマ大佐オフィシャルブログ
受賞歴
#受賞歴を参照
テンプレートを表示
パーマ大佐
出生名 國土 郁音
生誕 (1993-08-26) 1993年8月26日(26歳)
出身地 埼玉県北本市
学歴 正智深谷高等学校卒業
ジャンル J-POP
職業 お笑い芸人
活動期間 2016年
著名使用楽器
ウクレレピアノ
パーマ大佐
YouTube
チャンネル
活動期間 2015年 -
ジャンル 音楽
登録者数 7万人
総再生回数 13,965,923 回
チャンネル登録者数、総再生回数は2020年7月20日時点。
テンプレートを表示

パーマ大佐(パーマたいさ、1993年8月26日 - )本名、國土 郁音(こくど いくと)は、日本の男性お笑いタレント。2015年からはYouTuberとしても活動している。埼玉県北本市出身。太田プロダクション所属。

略歴・人物[編集]

  • 母はピアニスト、父は音楽評論家、姉は作詞家という音楽一家の出身[5]。2歳からピアノの英才教育を受ける[6]
  • 北本市立北本中学校 → 正智深谷高等学校卒業[7]。学生時代は卓球部と吹奏楽部に所属していた[8]
  • 2008年12月25日(当時中学3年)、アマチュアとして芸人の活動を開始[7]
  • ピンでパーマ大佐としての活動の他、高校1年の時はコンビ「スタートライン」でも活動していた。その後酒井直斗とのコンビ「酒井・國土」、また「豆腐マーシャン」としてのコンビ活動も行い、これらのコンビでハイスクールマンザイM-1グランプリTHE MANZAIワラチャン! U-20お笑い日本一決定戦[9]などに出場。
  • 2013年、19歳でオンバト+に初出場し、いきなり一位通過でオンエアされた[10]
  • 2013年6月30日まではジェイピィールームアップフロントグループ)所属だったが、アップフロントグループがお笑い部門から撤退するのに伴ってフリーに。その後、太田プロダクションに所属した。
  • 雑誌のインタビューで芸名の由来について聞かれた際に、芸名に出身地を入れたくてまず北本を使おうと思ったがうまくいかず、埼玉を逆さ読みした「またいさ」に、自身のヘアスタイルである天然パーマの「パーマ」をかけて芸名にしたと答えている[11]
  • ネタはテレビ番組をネタにした漫談や、フリップ漫談などをやっていたが[12]、『歌ネタ王決定戦』に出会ったのがきっかけで音楽を10年ぶりに解禁、歌ネタを始めた[13]。歌ネタは主にウクレレを使い、『森のくまさん』の替え歌などを披露している[14]
  • 2015年歌ネタ王決定戦で決勝進出[15]。結果は6位。同年以降、テレビ朝日ビートたけしのTVタックル」のレポーターとして出演。ビートたけしとの共演、芸名も相まってたけし軍団と思われがちであるが、前述のとおり共演前からの芸名であり、太田プロダクション所属である[16]
  • 2016年12月7日に「森のくまさん」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー[17]。しかし原曲「森のくまさん」日本語訳詞の著作権を持つ馬場祥弘より著作権侵害で提訴[18]されるが、2017年2月1日に馬場との間でCDの販売合意などの和解が成立したと発表した[19]
  • 現在は、YouTubeにオフィシャルチャンネルを開設し、「マックスうざい」(マックスむらいのパロディ)としても動画に出演し、デカキン(HIKAKINのパロディ)TVにも不定期で出演している[10]
  • 2019年後期にYouTube上で、ロックバンド×YouTuberの「datto」やはじめしゃちょーの畑に不定期メンバーとして出演している「またぞう」とコラボした「桃太郎の歌 ~令和版~ MV」をupして以降彼らともコラボをするようになった[20]
  • 特技はボイスパーカッション、ピアノ[10]
  • 足のサイズは27cm。
  • 苦手な食べ物はナッツ系、カボチャ。

芸風[編集]

主にウクレレやピアノを使った歌ネタだがフリップ芸やモノマネも行う。

僕なりの森のくまさん」 - 2015年6月に初披露。話のつじつまが合うようにBメロとサビをつけ加えて歌うというもの。

他にも自身のyoutubeチャンネルで新ネタを毎週投稿している。

受賞歴[編集]

2011年[7]

  • ライブお笑いインターハイ2011 優勝
  • 第1回高校生笑い日本一決定戦 笑顔甲子園〜絆in新居浜〜 優勝 [10]

2012年[7]

  • U-23お笑いNo.1決定戦『笑才2012』 準優勝

2013年[7]

2015年[7]

2016年[7]

2017年[7]

2018年[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  • 森のくまさん(2016年12月7日)[17]

脚注[編集]

  1. ^ 本校卒業生 國土郁音さん 明日,歌ネタ王2015に出場!”. 正智深谷高校オフィシャルブログ (2015年9月8日). 2015年10月26日閲覧。
  2. ^ パーマ大佐Twitter 2020年7月5日(2020年7月10日閲覧)
  3. ^ パーマ大佐Twitter 2017年12月20日(2020年7月10日閲覧)
  4. ^ パーマ大佐Twitter 2020年6月19日(2020年7月10日閲覧)
  5. ^ 明日決定!歌ネタの星 2015年9月9日放送回”. gooテレビ (2015年9月9日). 2016年1月2日閲覧。
  6. ^ 「歌ネタ王」どぶろっく、COWCOWら決勝出場前半4組が意気込み語る”. お笑いナタリー (2015年9月7日). 2015年10月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i パーマ大佐プロフィール(Ameba)より。
  8. ^ パーマ大佐(マックスうざい)twitter(2014年9月17日)
  9. ^ ワラチャン! U-20お笑い日本一決定戦「酒井・國土 準決勝進出チーム決定!!」
  10. ^ a b c d ぴあお笑いライブ読本(ぴあMOOK、2015年9月30日)p.28
  11. ^ “第2のピコ太郎”が登場!? 噂の『パーマ大佐』って誰だ! 週プレNEWS 2016年12月6日
  12. ^ オンバトサポーター「パーマ大佐」
  13. ^ 歌ネタ王決定戦 2015 2015年9月9日(水)”. gooテレビ (2015年9月9日). 2015年10月26日閲覧。
  14. ^ 2015年7月13日(月)太田プロ月笑ライブ報告”. 太田プロダクション (2015年7月23日). 2015年10月26日閲覧。
  15. ^ 「歌ネタ王決定戦」COWCOW、どぶろっく、バンビーノら8組決勝進出”. お笑いナタリー (2015年8月7日). 2015年10月26日閲覧。
  16. ^ たけしは、フライデー襲撃事件で不祥事を起こす1987年まで太田プロダクションに所属していた。その後、オフィス北野を設立し独立している。
  17. ^ a b “パーマ大佐「森のくまさん」でメジャーからCDデビュー「Mステ出たい」”. お笑いナタリー. (2016年11月12日). http://natalie.mu/owarai/news/209079 2016年11月12日閲覧。 
  18. ^ “パーマ大佐氏作詞家が著作権侵害を主張 販売差し止め求める”. 産経WEST. (2017年1月18日). http://www.sankei.com/west/news/170118/wst1701180062-n1.html 2017年2月4日閲覧。 
  19. ^ “「森のくまさん」替え歌、販売継続で合意 作詞者とパーマ大佐氏、クレジットに追加表記”. 産経WEST. (2017年2月1日). http://www.sankei.com/west/news/170201/wst1702010067-n1.html 2017年2月4日閲覧。 
  20. ^ 音楽一家芸人の太鼓の達人の実力がヤバすぎた(パーマ大佐YouTubeチャンネル)”. 2020年2月29日閲覧。