パールテスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

パールテスト(pearl test)とは炭疽菌Bacillus anthracis)とその類似菌との鑑別に用いられる方法。ペニシリン0.5~0.05IU/ml含有培地で数時間培養し、培地表面にカバーガラスを置いて顕微鏡で観察する。炭疽菌の場合、細胞壁の合成が阻害され、桿状の菌体が膨隆して真珠状に変化する。他の土壌菌ではこのような変化は起きない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鹿江雅光、新城敏晴、高橋英司、田淵清、原澤亮編 『最新家畜微生物学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460198