パーヴェル・セレブリャーコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パーヴェル・アレクセイェヴィチ・セレブリャーコフ
生誕 (1909-02-28) 1909年2月28日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ツァリーツィン
死没 (1977-08-17) 1977年8月17日(68歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Flag of the Russian Soviet Federative Socialist Republic.svg ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
学歴 レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

パーヴェル・アレクセイェヴィチ・セレブリャーコフ(Павел Алексеевич Серебряков/Pavel Alexeyevich Serebryakov, 1909年2月28日 ツァリーツィン〔現ヴォルゴグラード〕 - 1977年8月17日 レニングラード)は旧ソ連ロシア人ピアニスト。パヴェル・セレブリャコフとも表記。

経歴[編集]

父からピアノの弾き方を教わったのち[1]1923年レニングラード音楽院に入学。L.W.ニコラエフ教授に師事した。さらにアレクサンドル・グラズノフ教授からも学んだ。

1932年にレニングラード音楽院で教職につき、翌年からは同音楽院の教授に就任し、その後1961年から歿年まで院長を務めた。

演奏活動[編集]

1928年より国際的な演奏旅行を開始した[1]

1933年に第1回国民コンクールで準優勝し、演奏旅行を行う。1953年エフゲニー・ムラヴィンスキー指揮によるチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番の最初の録音が行われた際には、ソリストとして参加した。また、ムスティスラフ・ロストロポーヴィチミハイル・ヴァイマンとともにロストロポーヴィチ三重奏団の一員であった。 日本との関係では、1960年1963年に来日した[1]

受賞[編集]

註記[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c LPラフマニノフ:ピアノ三重奏曲第2番ニ短調作品9(1977、ビクター音楽産業)ライナーノーツ「ロストロポーヴィチ三重奏団の名演」(藁科雅美)