パーヴェル・フェドートフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
パーヴェル・フェドートフ

パーヴェル・フェドートフ1815年6月22日 - 1852年11月14日)は、ロシアの画家。

経歴[編集]

ロシアのモスクワで生まれ育った[1]。 父親は退役した兵卒だったので[2]、その勧めで11歳から軍学校に通う。

ぺテルブルクで帝国親衛部隊に勤めながら夜に美術アカデミーで学ぶ。 1844年に軍を辞して描画に没頭した。1848年にぺテルブルクで絵画の個展を開き、一躍名を知られるようになる。

1852年に精神病を発症してぺテルブルクの精神病院に入院後まもなく没した。

作風[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ФЕДОТОВ Павел Андреевич
  2. ^ J・アンネンコフ 『同時代人の肖像 上』 現代思潮社、1971年、P.31。