パーヴェル・ルイバルコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Pavel Rybalko

パーヴェル・セミョーノヴィッチ・ルイバルコロシア語: Павел Семенович Рыбалко1894年10月23日 - 1948年8月28日)は、ソ連の軍人。装甲戦車兵元帥ソ連邦英雄(2度)。

経歴[編集]

マールイ・イストロプ村(現スームィ州レベジンスキー地区)出身。ウクライナ人。兵卒として第一次世界大戦に従軍。1917年12月、赤衛隊に入隊。

1919年から赤軍に入隊し、共産党に入党した。ロシア内戦時、第1騎兵軍の連隊、旅団の政治委員となり、白軍及びポーランド軍と戦った。1926年と1930年に高等指揮要員完全化課程を修了。1926年、騎兵中隊長。1928年~1931年、連隊長、騎兵旅団長。1934年、M.V.フルンゼ名称軍事アカデミーを卒業し、山岳騎兵師団長補佐となる。1937年~1940年、赤軍参謀本部情報局に移り、駐ポーランド及び駐華駐在武官。その後、教育業務に移る。

独ソ戦時、第5戦車軍(1942年6月~)、第3戦車軍(1942年10月~)、第3親衛戦車軍(1943年5月~)司令官を歴任する。ルイバルコ指揮下の部隊は、オストログ・ロッソシャン、ハリコフ攻勢(1943年)作戦、クルスクの戦い、キエフ攻勢に参加し、1943年11月17日に一度目のソ連邦英雄の称号を授与された。その後、ジトミール・ベルジッチ、スクロフスク・チェルノヴィツ、リヴォフ・サンドミール、ニジニェ・シレズ、ヴェルフニェ・シレズ、ベルリン、プラハ作戦に参加し、1945年4月6日、二度目のソ連邦英雄の称号を授与された。大戦中、最高司令官令で22度指摘された。

1946年4月、ソビエト軍装甲戦車・機械化兵第一副司令官、1947年4月、司令官。第2期ソ連最高会議代議員。

パーソナル[編集]

ソ連邦英雄(1943年、1945年)。レーニン勲章2個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章3個、一等クトゥーゾフ勲章、一等ボグダン・フメリニツキー勲章を受章。

ルイバルコの名前は、モスクワキエフ等の市の通りに付けられた。