ヒカリサス海、ボクノ船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

ヒカリサス海、ボクノ船』(ヒカリサスうみ、ボクノふね)は、2008年日本の映画

アップリンクファクトリーにて、2008年9月6日に劇場公開。仁科仁美の映画初出演・初主演作品。仁科親子初共演。

ストーリー[編集]

ごく普通の家庭に生まれ育った女子大生、奈々子は、7年前中学生の時に弟、達也を亡くしてから母親と確執がある。そんなある夜、これまで何処かで会った様なピエロと出会ってから、彼女の運命は一変する。それはやがて、色んな人と出会いながら、自分の心の闇や過去と向き合い、明るく輝くヒカリサス海を目指し探していくヒューマンストーリー。

スタッフ[編集]

[1] [2]

  • 監督・脚本・プロデューサー:橋本直樹
  • 脚本・原案:阪井純
  • 脚本:いながききよたか
  • 製作・エグゼクティブプロデューサー:山田浩貴
  • プロデューサー:崎本志穂
  • 協力プロデューサー:狩野善則
  • 企画・協力:Breath
  • 制作:ウィルコ
  • 製作:GPミュージアムソフト(現オールインエンタテインメント)/ウィルコ

キャスト[編集]

[3] [4]


脚注 - 参考文献[編集]

  1. ^ allcinema内 ヒカリサス海、ボクノ船
  2. ^ CINEMA TOPICS ONLINE内 ヒカリサス海、ボクノ船
  3. ^ CINEMA TOPICS ONLINE内 ヒカリサス海、ボクノ船
  4. ^ goo映画キャスト・スタッフ一覧内 ヒカリサス海、ボクノ船