ヒクイドリ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒクイドリ属
Casuarius casuarius -Brevard Zoo-8a.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
上目 : 古顎上目 Palaeognathae
: ヒクイドリ目 Casuariiformes
: ヒクイドリ科 Casuariidae
: ヒクイドリ属 Casuarius
学名
Casuariidae Kaup1847
Casuarius Brisson1760
英名
Cassowary
ヒクイドリ属の鳥が好む Cerbera floribunda の果実。

ヒクイドリ属 (ひくいどりぞく、学名 Casuarius) は、鳥類の1属である。

ヒクイドリ科唯一の属である。ただし分類によってはエミュー科をヒクイドリ科に統合することもある。

ニューギニア島からオーストラリア大陸北部熱帯地域およびその付属島に住む。この属の鳥はキョウチクトウ科ミフクラギ属のコバナミフクラギ[1](学名: Cerbera floribunda; 英語: Cassowary plum)という植物の果実を好む[2]。その果汁はほかの動物にとっては毒であるがヒクイドリ属の鳥は毒に対する免疫を有しており、大きな種子は消化されずに発芽すると見られ、両者の共生関係が成り立っている[2]

分類[編集]

現生3種、絶滅1種が属する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉・梶田 (2003-).
  2. ^ a b Essig (2015:162).

参考文献[編集]

英語:

日本語:

  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-).「BG Plants 和名-学名インデックス」(YList),http://ylist.info (2018年9月10日).