ヒサヤ大黒堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BYR color wheel.svg この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。
株式会社ヒサヤ大黒堂
Hisaya Daikokudo
ヒサヤ大黒堂の「ぢ」ロゴ看板
ヒサヤ大黒堂の「」ロゴ看板
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
大阪府大阪市中央区北浜2-1-19
設立 1611年
業種 医薬品
法人番号 6120001087754
事業内容 医薬品製造、販売
代表者 永田久継
外部リンク http://www.hisayadaikokudo.com/
テンプレートを表示

株式会社ヒサヤ大黒堂(ヒサヤだいこくどう)は、日本製薬業。本社は、大阪府大阪市中央区北浜2丁目。薬専門会社として有名であり、「」の広告で知られる。

概要[編集]

1611年慶長16年)、三河国西尾(現・愛知県西尾市)に永田久右衛門が創業。当主(20代目堂主)は永田久継。

おもにの薬を製造・販売しているが薬局薬店での販売は行わず、通信販売や「薬寮」と呼ばれる自社店舗での頒布を行っている。長年にわたり新聞各紙にも簡単な痔疾の解説、あるいは個人相談担当医師の挨拶文と、少量の軟膏と内服薬をセットにしたサンプルを無料進呈する旨の広告を出している。

創業以来、家伝の秘薬として一子相伝されてきたが、1807年文化4年)、7代目堂主の永田久七によって一般頒布が始められ、その際に時の西尾藩より「久屋(ひさや)」の屋号を賜る。

昭和初期に創業の地であった西尾より、大阪北浜に移転した。

商品[編集]

  • 不思議膏(軟膏)
  • 金鵄丸(内服薬)

店舗[編集]

ヒサヤ大黒堂東京銀座総薬寮

ヒサヤ大黒堂の店名は「○○薬寮」(○○には地名が入る)と表記する。

過去に存在した店舗[編集]

施設[編集]

  • ヒサヤ大黒堂苦楽園祖心堂修治道場 - 東条湖畔の高台に建つ寺院風建築。通信販売用パンフレットには、この場所で水行をし不思議膏を手作りで製造する僧侶姿の永田久継の写真が使用されていた。

その他[編集]