ヒデクチ・ナーンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にナーンドル・ヒデクチと表記することもあります。
ヒデクチ・ナーンドル Football pictogram.svg
Nandor Hidegkuti.jpg
名前
愛称 オレグ
ラテン文字 Hidegkuti Nándor
基本情報
国籍  ハンガリー
生年月日 1922年3月3日
出身地 ブダペスト
没年月日 (2002-02-14) 2002年2月14日(79歳没)
身長 179cm
体重 74kg
選手情報
ポジション FW
代表歴
1945-1958 ハンガリーの旗 ハンガリー 69 (39)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ヒデクチ・ナーンドルHidegkuti Nándor1922年3月3日 - 2002年2月14日)は、ハンガリーサッカー選手、および指導者

経歴[編集]

1950年代前半のヨーロッパで隆盛を誇った「マジック・マジャール」の1人。プスカシュコチシュらを擁する屈強な攻撃陣の中で、今で言うトップ下のポジションを担った。1953年には、サッカーの母国イングランドの聖地ウェンブリー・スタジアムにおいて、イングランド代表チームを相手にハットトリックを演じた。

クラブチームでは、MTKハンガリアFCにその選手生活の大半を捧げた。1956年ハンガリー動乱の影響でプスカシュやコチシュが海外へ亡命した後もハンガリーに残り、1958年に現役を退くとそのまま同クラブの監督に就任。その後ハンガリー国内のクラブのほか、イタリアポーランドエジプトを渡り歩いた。1961年、イタリアのフィオレンティーナを率いてUEFAカップウィナーズカップ優勝。またジェール・エトFC監督時代には、1963年にハンガリー国内リーグを制し、翌シーズン臨んだUEFAチャンピオンズカップにおいて、ベスト4に食い込む健闘を見せた。

2002年2月、79歳で死去。没後、ヒデクチがサッカー人生の多くを捧げたMTKのホームスタジアムにその名が冠されている。

所属クラブ[編集]

  • 1942-1944 ハンガリーの旗 エレクトロモス 53試合出場 27得点
  • 1945-1946 ハンガリーの旗 ヘルミナメゼイAC 26試合出場 16得点
  • 1946-1958 ハンガリーの旗 MTKブダペストFC 302試合出場 222得点

指導歴[編集]

以下全て監督として

タイトル[編集]

選手として
監督として