ヒポポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ヒポポン (Hippo) は、任天堂が発売したコンピュータゲームスーパーマリオランド2 6つの金貨』に登場する架空のキャラクター。

カバのような外見をし、頭が大きく、その鼻から鼻ちょうちんを膨らませている。『スーパーマリオランド2 6つの金貨』では、像として登場し、その像の鼻から出される泡を利用して移動するステージが用意されている。このステージは、宇宙(スペースゾーン)へ行くために重要なステージであり、その泡を利用すれば、ほぼ敵を避けることも無くクリアできる。

説明書などによると、その像の設定は「かつての英雄ヒポポンの像」とされているのみであり、ヒポポン自身の描写はない。石像であるのに、鼻ちょうちんを出すなどしている。

脚色[編集]

ゲーム内ではあまり細かくは設定されていないが、漫画では設定の脚色がなされている。

『スーパーマリオ』でのヒポポン

本山一城漫画作品スーパーマリオ』の『6つの金貨編』では、像としてのみ登場。だが、マリオやそこの住民によりその伝説が語られている。

『とびだせ!マリオくん』でのヒポポン

山田ゴロの漫画作品『とびだせ!マリオくん』(とその特別編)では、初めは像としてのみの登場であったが、マリオがワリオを説得するためにその伝説が語られた。その伝説は特別編で漫画化され、「カバのような外見であるのに、水に濡れるのを嫌い、砂の中を泳ぐ妙な生物」ヒポポンが、悪事を働くクロスやサバーサなど(ゲームでの各ボス)の祖先などを懲らしめ改心させる様子が描かれている。また、その後マリオランドを彼らに任せ旅立ち、サラサ・ランドなどを平和にしたともされている。クロス・サバーサ・パコの祖先とヒポポンとの闘いは細かく描かれているのだが、リッキーの祖先はその時点で彼の弟子となっており、ブー三兄弟の祖先(三兄弟ではなく1体のみ)との戦闘は簡単に終わっている。その当時にその国にはいないタタンガやワリオなどの祖先は描かれていない。

漫画作品であるため公式設定ではないが、特別編ではヒポポンが主人公であったため、細かく設定されてある。その勇姿は細かく描写され、ワリオはこの伝説を聞き、マリオランドを去っていく。なお、この後のワリオの登場は、ワリオランドシリーズを題材とした話であったためもあるが、ゲーム以上に改心していた。

『スーパーマリオくん』でのヒポポン

沢田ユキオの漫画作品『スーパーマリオくん』の『6つの金貨編』では、「マリオランド勇者であり、そこが「マリオランド」とされる前の統治者」と設定されていた。

像にされるほどの英雄であり、マリオも「子供の頃憧れていた」と語っていた(その直後、ヨッシーのクッキーに「これにですか?」と言われている)。子供のときからそこで暮らしてきたためマリオの落書きなどが描かれている。ゲームでは動くことの無い像だったのに対し、マリオの危機にかつての英雄の意思が宿ったかのように動きだし駆けつける。ゲームではヒポポンステージ以外の登場は無い(というより、ピポポンステージでさえ像としてのみの登場)のだが、その後も動く石像として何度か顔を出す。水中や宇宙空間を遊泳し、水中では、鼻ちょうちんが消えてしまうため、マリオたちをオナラの中に入れて、宇宙(スペースゾーン)へと送り出す。話のエピローグでは崩壊したマリオ城の代わりとして体を城に改造された。

関連項目[編集]

  • ヒポポタス - カバをモチーフにした任天堂のキャラクター。「カバをモチーフにしているにも関わらず水を嫌う」など、『とびだせ!マリオくん』でのヒポポンの設定と共通する面がみられる。