ヒュンダイ・エクセル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エクセル(2代目 前期)

ヒュンダイ・エクセル(Excel)またはポニーエクセル(Pony Excel)はかつて現代自動車が生産した乗用車である。

概要[編集]

ポニーの直接の後継車種であり、韓国では当初ポニーエクセルの名で登場した(ポニー→ポニーエクセル→エクセルと代わっている)。

ボディタイプは4ドアセダン、5ドアハッチバック、3ドアハッチバック/ライトバンがあった。メカニズムは三菱自工の物で、2代目ミラージュをベースとしており、1.3 Lと1.5 Lのエンジンは全て三菱のオリオンエンジンが搭載されていた。したがって前輪駆動であり、これは現代自動車のみならず韓国車として初めての採用であった。デザインはジウジアーロイタルデザイン)が手がけた[1]。ジウジアーロデザインと三菱のメカという組み合わせはポニーと同じである。

現代自動車の発展の基礎となった車種で、北米カナダアメリカ)で価格の安さから爆発的な人気を得た。また、当時(1980年代中頃~後半)高度経済成長下にあった韓国国内でも国民の所得の向上から乗用車が一般にも普及するようになったため、ベストセラー車となった。カナダでは一時期現地生産したことがあったが、現地生産モデルは品質管理に問題があったという。

ハッチバックのみならず4ドアセダンも韓国国内、海外ともに人気を得ていた。なお韓国で4ドアセダンは当初、エクセルの派生車種としてプレストと呼ばれた。

エクセルはマイナーチェンジを繰り返し、90年代に入っても安価なことから売れ続け、1994年まで生産が継続されていた。

1990年から1995年まで販売されていた2ドアクーペのスクープはこの車をベースにしている[2]

歴史[編集]

初代 エクセル/ポニーエクセル/プレスト(1985年-1989年)[編集]

エクセル5ドア

1985年2月、5ドアハッチバックを発売。韓国では当初、ポニーエクセルの名称で登場した。同年7月に4ドアセダンを追加。韓国名はプレスト

1986年1月、アメリカへの輸出を開始。現代自動車初のアメリカ進出となった(先代のポニーは、排出ガス規制の関係でアメリカでは販売されなかった)。1987年には、アメリカの三菱販売網にて三菱・プレシス (Precis) として販売開始(1994年まで)。

1986年9月、3ドアハッチバックを追加。韓国ではエクセルスポーティ(엑셀 스포티)[3][4]と呼ばれた。また5ドアの韓国名はポニーエクセルからエクセルに変更された。

2代目 エクセル(1989年-1994年)[編集]

エクセル(3ドア)

1989年、モデルチェンジした2世代目が登場。セダンも含め、車名はエクセルに統一された。基本は変わらないが、外観は全体に角が取れた印象になっている。

1991年にフェイスリフトし、顔つきが変わっている。また同年9月に3ドアハッチバックベースのバンが追加されている。

1994年まで生産された。後継車はアクセント

3代目 エクセル(1994年-、輸出市場)[編集]

オーストラリアなど、一部地域では初代アクセントがエクセルの名で売られた。

韓国外市場においてのエクセル[編集]

  • 日本では、三菱商事1988年ソウルオリンピックを記念して150台限定で輸入し、三菱カープラザ店で販売されたが、商標登録の関係で、ヒュンダイXLという日本名だった[5]。型式は「E-LA31J」。
  • 北米では三菱自動車の販売チャンネルでMitsubishi Precisとして販売していたことがある。
  • "エクセル"は初代アクセントのオーストラリア名でもある。
  • その一方、当のエクセルが先代モデルである"ポニー"の名称で販売された地域も存在した。

脚注[編集]

  1. ^ Project: Excel (Pony hatchback) - 1985” (英語). イタルデザイン. 2020年10月26日閲覧。
  2. ^ Before N - 스쿠프 #1 (Before N - スクープ #1)” (朝鮮語). 現代自動車. 2020年10月29日閲覧。
  3. ^ 1986 Pony Excel Sporty” (朝鮮語). 現代自動車. 2020年10月26日閲覧。
  4. ^ 当初はエクセルスポート(엑셀 스포트)
  5. ^ 当時、日産・スカイラインがグレード名に「エクセル(Excel)」の名を冠していた。

関連項目[編集]