ヒュンメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Hummel (Marca Deportiva).png

ヒュンメルhummel)はデンマークスポーツ用品メーカーである。

社名の“ヒュンメル”とはドイツ語マルハナバチを意味する「hummel」のデンマーク語読みである。

概要[編集]

世界でもっとも歴史のあるスポーツブランドのひとつであり、スタッドのついたスパイクを生み出したことで有名である。製品には「シェブロンライン」と呼ばれる、「<」が連なった模様のラインが入っていることが特徴となっている。

本社はコペンハーゲンから160km西のオーフス市にある。

略歴[編集]

なおヒュンメル社の売上げは約6250万ドル。

日本でのヒュンメル[編集]

日本でのヒュンメルブランドは1991年よりエスエスケイが販売代理店としてライセンス製造を行ってきたが、2013年に日本における商標権を取得し、日本独自の商品の製造・販売も可能になった。 日本人サッカー選手では佐藤寿人が契約を結んでいる。エスエスケイは多くの野球選手とアドバイザー契約を結んでいる関係で練習着や普段着としてヒュンメルのウェアを着用する姿が散見される。

現在の契約クラブ・チーム[編集]

このほか、開始年は不明だが静岡産業大学サッカー部(男子女子)のユニフォームもヒュンメルが制作している。

過去の契約クラブ・チーム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 福島は2011年以前にも、2004年から2007年にユニフォームサプライヤー契約を結んでいた。
  2. ^ 前身のSC鳥取時代(2003年-2006年)も含む。
  3. ^ 2009年はTDKサッカー部

出典[編集]

  1. ^ hummel(ヒュンメル)とオフィシャルサプライヤー契約締結のお知らせ”. ツエーゲン金沢 (2020年12月13日). 2020年12月14日閲覧。
  2. ^ ヒュンメル(株式会社エスエスケイ)とオフィシャルサプライヤー契約締結。2021年ユニフォームデザイン発表、並びにオンライン先行受付開始のお知らせ”. ヴァンラーレ八戸 (2020年12月25日). 2020年12月25日閲覧。
  3. ^ “ユニフォーム新サプライヤー発表のお知らせ” (プレスリリース), 京都ハンナリーズ, (2017年7月1日), https://hannaryz.jp/news/27524.html 2020年9月23日閲覧。 
  4. ^ “【ヒュンメル】B. LEAGUEの京都ハンナリーズとユニフォームサプライ契約を締結!” (プレスリリース), SSK, (2017年7月1日), http://www.ssksports.com/2017-basketball/ 2020年9月23日閲覧。 
  5. ^ “【2018-19シーズン ユニフォームサプライヤー &デザイン決定のお知らせ】” (プレスリリース), 公式サイト, (2018年8月3日), https://g-crane-thunders.jp/news/detail/id=7078 2020年9月23日閲覧。 
  6. ^ “ユニフォームデザイン決定&オーセンティックユニフォーム受注販売開始のお知らせ” (プレスリリース), 公式サイト, (2020年8月1日), https://www.storks.jp/news/detail/id=15906 2020年9月23日閲覧。 
  7. ^ “【hummel ヒュンメル】株式会社エスエスケイ様 オフィシャルサプライヤー契約満了のお知らせ” (プレスリリース), ガイナーレ鳥取, (2018年12月1日), https://www.gainare.co.jp/news/detail/40960/ 2018年12月3日閲覧。 
  8. ^ “ガイナーレ鳥取、16年間ありがとう!” (プレスリリース), ヒュンメル, (2018年12月2日), http://www.ssksports.com/hummel/2018-gainare/ 2018年12月3日閲覧。