ヒューズ・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒューズ・ストリート駅
Hewes Street
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-M.svg
ニューヨーク市地下鉄
Hewes Street - Jamaica & Metropolitan Bound Platform 2.jpg
クイーンズ方面ホーム
駅情報
住所 Hewes Street & Broadway
Brooklyn, NY 11211
ブルックリン区
地区 ウィリアムズバーグ
座標 北緯40度42分24秒 西経73度57分11秒 / 北緯40.706669度 西経73.953009度 / 40.706669; -73.953009座標: 北緯40度42分24秒 西経73度57分11秒 / 北緯40.706669度 西経73.953009度 / 40.706669; -73.953009
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTジャマイカ線
運行系統       J Stops all times except rush hours in the peak direction (平日7時から20時までの混雑方向を除く終日)
      M Stops all times except late nights (深夜帯を除く終日)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: B46
構造 高架駅
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 3線
その他の情報
開業日 1888年6月25日(130年前) (1888-06-25[1]
利用状況
乗客数 (2017)894,671[2]減少 2%
順位 372位(425駅中)
次の停車駅
北側の隣駅 ロリマー・ストリート駅: J Stops all times except rush hours in the peak direction M Stops all times except late nights
南側の隣駅 マーシー・アベニュー駅: J Stops all times except rush hours in the peak direction M Stops all times except late nights

ヒューズ・ストリート駅(Hewes Street)はブルックリン区ウィリアムズバーグのヒューズ・ストリートとブロードウェイ交差点に位置するニューヨーク市地下鉄BMTジャマイカ線の駅である。J系統が平日日中の混雑方向を除く終日、M系統が深夜を除く終日停車する。

駅構造[編集]

P
ホーム階
相対式ホーム、右側のドアが開く
西行緩行線[注釈 1] NYCS-bull-trans-J.svg 平日午前以外:ブロード・ストリート駅行きマーシー・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-M.svg 平日:フォレスト・ヒルズ-71番街駅行きマーシー・アベニュー駅
NYCS-bull-trans-M.svg 休日:エセックス・ストリート駅行きマーシー・アベニュー駅
混雑方向急行線 NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-Z.svg 平日日中混雑方向:通過 →
東行緩行線[注釈 2] NYCS-bull-trans-J.svg 平日午後以外:ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行きロリマー・ストリート駅
NYCS-bull-trans-M.svg 深夜帯以外:メトロポリタン・アベニュー駅行きロリマー・ストリート駅
相対式ホーム、右側のドアが開く
M 改札階 改札口、駅員詰所、メトロカード自動券売機
G 地上階 出入口

当駅は相対式ホーム2面3線の高架駅である。中央の急行線はJ系統Z系統が平日日中に通過する。駅西側に緩急間で渡り線があり西行列車は当駅止まりとすることも可能である。

駅のアートワークはMara HeldによるEl in 16 Notesで16のステンドグラスで構成される。

出入口[編集]

フッパー・ストリートとブロードウェイ交差点の西側に出る駅西端の改札のみ開いている[3]。反対の東端改札は閉鎖され非常出口となっており、ヒューズ・ストリートとブロードウェイ交差点東側に出ることができた[4][5][6]。これは14丁目トンネル閉鎖の際に営業を再開しブロードウェイ駅と改札外無料乗り換えを実施する予定である[7]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 案内上ではJ系統が南行、M系統が北行と系統によって異なる。
  2. ^ 案内上ではJ系統が北行、M系統が南行と系統によって異なる。

出典[編集]