ヒョヨン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒョヨン
Hyoyeon at KBS Gayo Daechukje 2015 02.jpg
基本情報
出生名 キム・ヒョヨン (金孝淵[要出典]
生誕 (1989-09-22) 1989年9月22日(29歳)
大韓民国の旗 大韓民国 仁川直轄市(現・仁川広域市)
ジャンル K-POP
職業 歌手
活動期間 2007年 - 現在
レーベル SMエンターテインメント
共同作業者 少女時代
公式サイト 少女時代(Girls' Generation) 公式HP
ヒョヨン
各種表記
ハングル 효연
発音: ヒョヨン
ローマ字 HyoYeon
各種表記(本名)
ハングル 김효연
漢字 孝淵[要出典]
発音: キム・ヒョヨン
ローマ字 Kim Hyo-Yeon
テンプレートを表示
ヒョヨン(2013年)

ヒョヨン(효연、HyoYeon、本名:キム・ヒョヨン김효연、Kim Hyo-Yeon、金孝淵[要出典])、1989年9月22日 - )は、韓国仁川広域市出身の女性歌手ダンサー。アイドルグループ「少女時代」のメンバー。ポジションはメインダンサー。身長158cm、血液型AB型。家族構成は父、母、弟。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 少女時代メンバーの中で最もダンスが上手いといわれ、「ダンシングクイーン」と呼ばれる。曲中でヒョヨンのダンスソロが入ることも多い。例えば、曲Genieの中で、ティファニーによるDJ put it back onの直前はヒョヨンのソロダンスが入る。
  • SMエンターテインメントのオーディションを受けた時からダンスの素質は高く、女子ダンス部ではなく男子ダンス部でトレーニングされていた時期もあった。SMの支援も手厚く、有名なダンススクールで受講させたり、世界的に有名なダンサーが来韓すれば必ず一手習うことができるように機会を用意したという。2005年にはMnet KM Music Festivalにて事務所の先輩であるBoAのシルエット役を務めた。
  • ヒップホップ系のダンスを得意とするヒョヨンは、デビュー当時の少女時代のダンスに物足りなさを感じ、グループを脱退して韓国国外へダンス留学しようかと悩んでいたという。
  • メンバーでは、そのダンスの上手さから、ヒョヨンがニューヨーク公演で一番人気だったという[3]
  • 2013年1月に出演した番組でソヒョンは、「私はお姉さんに見習うべき所が沢山あります。とてもオープンな心で、たとえどのような話でもよく受け入れてくれます。」とヒョヨンのことを賞賛した[4]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 少女時代サニー&ヒョヨン&KARAカン・ジヨン、『青春不敗2』でK-POP村を建設 KSTARSニュース 2011年11月4日
  2. ^ チェ・ヨジン、少女時代ヒョヨン制し『ダンシング・ウイズ・ザ・スター2』優勝 innolife.net 2012年7月21日
  3. ^ 少女時代、「アメリカで一番人気なメンバーはヒョヨン」KSTARSニュース 2011年11月10日
  4. ^ ラジオスターのクールな魅力 Kstyle 2013年01月24日

参考文献[編集]

  • 『少女時代見聞録』少女時代研究会:編、蒼竜社、2010年
  • 『最高K-POP GIRLS vol.2』オークラ出版、2011年