ヒルトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒルトン・ホテルズ&リゾート(Hilton Hotels & Resorts)は、ヒルトン・ワールドワイド(Hilton Worldwide、正式にはヒルトン・ホテルズ・コーポレーション、Hilton Hotels Corporation)が国際的に展開しているホテルチェーンである。現在、90カ国以上で5,000軒以上のホテルを運営している[1]

ヒルトン・サンディエゴ・ベイフロント
ウォルドルフ=アストリア(ニューヨーク)

概要[編集]

ヒルトンホテルは、アメリカの実業家コンラッド・ヒルトン(Conrad Nicholson Hilton, Sr.)により創業された。 マリオット・インターナショナルハイアットホテルアンドリゾーツアコーホテルズなどと並び、世界的に有名なホテルチェーンの一つ。

投資ファンドブラックストーン・グループにより買収され、2007年10月に上場廃止となった。その後、中華人民共和国海航集団がブラックストーンに代わって筆頭株主となる[2]

かつてはトランス・ワールド航空(後にアメリカン航空に吸収)がヒルトンインターナショナルを所有していたこともある。

ヒルトン・ファミリー・ブランド[編集]

現在のファミリー・ブランド[編集]

  • ウォルドルフ=アストリア(Waldorf-Astria):当社のブランドで最上級に位置付けられるホテルブランド。
  • コンラッド・ホテル(Conrad Hotels):最上級ホテルブランド
  • キャノピーbyヒルトン英語版:高級デザイナーズホテルブランド
  • シグニア・ヒルトン英語版:高級ホテルコレクション
  • ヒルトン・ホテル(Hilton Hotels):高級ホテルブランドにして、基幹ブランド。
  • ダブルツリー英語版、ダブルツリー・ゲスト・スイーツ(Doubletree Guest Suites)、ダブルツリー・クラブ・ホテル(Doubletree Club Hotel):中級~高級ホテルブランド。モーテルからシティホテル、長期滞在型まで展開する。
  • キュリオ・コレクション英語版:高級ホテルコレクション。2016年に設立。
  • タペストリー・コレクション英語版:高級ホテルコレクション
  • エンバシー・スイーツ・ホテル(Embassy Suites Hotels):長期滞在型の高級ホテルブランド
  • ヒルトン・ガーデン・イン (Hilton Garden Inn):中級ホテルブランド
  • ハンプトン・バイ・ヒルトン英語版、ハンプトン・イン&スイーツ(Hampton Inn & Suites):エコノミーブランド
  • トゥルーbyヒルトン英語版:中級ホテルブランド。2016年に誕生。
  • ホームウッド・スイーツ・バイ・ヒルトン英語版:長期滞在型の中級ホテルブランド
  • ホーム・ツー・スイーツ・バイ・ヒルトン英語版:長期滞在型の中級ホテルブランド。2009年に誕生。
  • ヒルトン・グランド・バケーション英語版:長期滞在向けのタイムシェア型ホテルブランド

かつて存在したブランド[編集]

ヒルトンホテルチェーン[編集]

日本[編集]

コンラッド・ホテル[編集]

ヒルトン・ホテル[編集]

※開業年順

ヒルトンインターナショナル直系(ヒルトンジャパン)資本による施設
提携企業による運営

ダブルツリー[編集]

  • ダブルツリーbyヒルトン那覇
    • ホテル ソルヴィータプレミア旭橋を改称し、2012年5月23日、日本初のダブルツリーブランドとして開業[4]
  • ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城
    • ホテル日航那覇グランドキャッスルを改称し、2016年7月1日開業

キュリオ・コレクション by ヒルトン[編集]

  • 旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン(旧 旧軽井沢ホテル) - 2018年4月19日オープン

過去に営業していた施設[編集]

新規オープン予定施設[編集]

(開業予定年は発表時)

  • ヒルトン沖縄金武(2016年オープン予定)[5]
  • ヒルトン沖縄瀬底リゾート(仮称、2020年オープン予定)[6]
  • ヒルトン・グランド・バケーションズによるホテル(正式名称未定。2021年に上記ホテル(ヒルトン沖縄瀬底リゾート)の隣接地にオープン予定)
  • ヒルトン長崎(200室、2021年秋(11月)オープン予定)[7]
  • ヒルトン広島(約400室、2022年オープン予定)[8]
  • ヒルトン札幌パークホテル(約350室、2023年オープン予定、運営:グランビスタホテル&リゾート)[9]

産地の不当表示[編集]

  • 「ミシュランガイド東京2008」で二つ星評価だったヒルトン東京のフランス料理店「トゥエンティワン」が、メニューで牛肉などの産地を不当表示したとして、公正取引委員会に景品表示法違反(優良誤認)で、ホテル運営会社「日本ヒルトン」(東京)が排除命令を受けた[10]

その他[編集]

旧沖縄ヒルトン(現・コスタビスタ沖縄)

出典[編集]

関連項目[編集]