ヒルプリンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒルプリンス
欧字表記 Hill Prince
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1947年
死没 1970年
Princequillo
Hildene
母の父 Bubbling Over
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 メドウスタッド
馬主 クリストファー・チェネリー
調教師 ケーシー・ヘイズ(アメリカ)
競走成績
生涯成績 30戦17勝
獲得賞金 44万2140ドル
テンプレートを表示

ヒルプリンス (Hill Prince) はアメリカ合衆国で生産された競走馬および種牡馬である。半弟に種牡馬のファーストランディング、姪に1962年にアメリカ合衆国最優秀3歳牝馬となったシケイダがいる。1947年にクリストファー・チェネリーが経営するメドウスタッドで誕生し、そのままクリストファー・チェネリーの所有馬として競走馬となった。ヒルプリンスステークスの競走名の由来となっている馬でもある。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

2歳時の1949年7月9日に競走馬デビュー戦を迎え、デビュー戦で初勝利を挙げた。次走も勝利したが、デビュー3戦目で2着となったものの、以降は4連勝して2歳を終えた。

3歳時の1950年は、この年初戦のレースを制して前年からの連勝を5まで伸ばしたが、次走で9着となり連勝がストップすることになった。しかし続くウッドメモリアルステークスではミドルグラウンドを相手にレースを制し、そして迎えたケンタッキーダービーでは、前走で先着したミドルグラウンドに敗れて2着だった。続くウィザーズステークスとプリークネスステークスでは2走ともにミドルグラウンドを2着に封じ込めて連勝した。次のサバーバンハンデキャップで3着となって迎えたベルモントステークスでは、ミドルグラウンドに敗れて7着という結果に終わった。次のドワイヤーステークスは2着だったものの、その後アメリカンダービージェロームハンデキャップジョッキークラブゴールドカップを制し3連勝を達成するなどした。

4歳となった1951年は、6戦して2勝、ニューヨークハンデキャップを制しているが、前年の勢いはなかった。

5歳時の1952年は、サンマルコスハンデキャップを制したが、次のサンタアニタハンデキャップで5着となったのを最後に競走馬を引退した。

種牡馬時代[編集]

競走馬引退後の5歳より種牡馬入りし、23歳時の1970年に死亡した。

産駒は牝馬の活躍馬が多かったが、後継種牡馬を残すことに成功し、父系は3代続いたものの現在は途絶えている。しかし母系に入り血脈は受け継がれている。

年度別競走成績[編集]

  • 1949年 7戦6勝
  • 1950年 15戦8勝
    • 1着 ウッドメモリアルステークス、ウィザーズステークス、プリークネスステークス、アメリカンダービー、ジョッキークラブゴールドカップ
    • 2着 ケンタッキーダービー
  • 1951年 6戦2勝
    • 1着 ニューヨークハンデキャップ
    • 2着 ジョッキークラブゴールドカップ
  • 1952年 2戦1勝
    • 1着 サンマルコスハンデキャップ

表彰[編集]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ヒルプリンス血統プリンスキロ系 / 4代内アウトブリード (血統表の出典)

Princequillo
1940 鹿毛
父の父
Prince Rose
1928 鹿毛
Rose Prince Prince Palatine
Eglantine
Indolence Gay Crusader
Barrier
父の母
Cosquilla
1933 鹿毛
Papyrus Tracery
Miss Marty
Quick Thought White Eagle
Mindful

Hildene
1938 鹿毛
Bubbling Over
1923 栗毛
North Star Sunstar
Angelic
Beaming Beauty Sweep
Bellisario
母の母
Fancy Racket
1925
Wrack Robert Le Diable
Samphire
Ultimate Fancy Ultimus
Idle Fancy F-No.9-b