ヒロコ・ムトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ヒロコ・ムトー
(相澤(旧姓武藤)紘子)
誕生 (1945-05-23) 1945年5月23日
日本の旗 日本秋田県
職業 作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
教育 学士仏文学
最終学歴 青山学院大学仏文科
ジャンル 作家
主な受賞歴 古賀正男賞(「若さは涙のない苦しみ」作詞、1970年)
2009年度神奈川県ボランタリー活動奨励賞
親族 マサコ・ムトー、トシコ・ムトー
公式サイト http://kokorono-takkyubin.com/profile-masako.html
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヒロコ・ムトー(相澤紘子(旧姓武藤) あいざわ(むとう) ひろこ、1945年5月23日 - )は、日本著作家秋田県生まれ。

来歴[編集]

1968年昭和43年)、青山学院大学仏文科を卒業[1]。同年TBSテレビ制作部音楽番組「天使と野郎とも」のタイム・キーパーとして一年間勤務。翌年、いずみたく主宰の「オールスタッフ」プロダクションに作詞家として所属[2]

1976年に渡米し、1979年に帰国する。1982年、帰国子女問題を啓発する『ミキ、アメリカに帰りたい』(講談社)を上梓し、作家活動に入る。1985年、女優の稲垣美穂子と出会い[3]、子供のための創作ミュージカルに共鳴してデビュー作『青いガラスとエメラルド』をきっかけにミュージカル作家の道を歩む。

2007年、子供のいじめ防止と克服を発信する朗読講演「心の宅急便」を立ち上げ、横浜の中学校からスタートし、国内外の講演活動[4][5][6][7]を開始。

著作[編集]

作詞[編集]

以下、提供歌手毎に記載。

伊勢功一
  • 「愛ある限り」作曲:江口浩司(キングレコード)
郷ひろみ
  • 「青いしずく」作曲:木下忠司(CBS・ソニーレコード)
九重佑三子
  • 「愛の世界」作曲:小林郁夫(東芝音楽工業)
  • 「脱出」作曲:森田公一(東芝音楽工業)
坂本九
  • 「白いラブレター」作曲:小林郁夫(東芝音楽工業)
  • 「僕にまかせておくれ」作曲:東海林修(東芝音楽工業)
中村晃子
  • 「自由なかもめ」作曲:江口浩司(キングレコード)
ピンキーとキラーズ
  • 「青い森の二人」作曲:江口浩司(キングレコード)
藤ひろこ

「この涙をあなたに」作曲:江口浩司(キングレコード)

ペギー葉山
  • 「雲よ風よ空よ」作曲:山下毅雄(キングレコード)
  • 「秋よおまえなら」作曲:山下毅雄(キングレコード)
  • 「白い風にのって」作曲:筒井志(講談社) - 『冒険コロボックル』主題歌
  • 「冒険コロボックル」作曲:筒井広志(講談社) - 『冒険コロボックル』挿入歌
ひごじゅんこ
  • 「夢は流れて」作曲:木下忠司(トリオ) - 木下恵介アワー思い橋』主題歌
  • 「私のふる里」作曲:木下忠司(トリオ)

訳詩 [編集]

ジョルジュ・ ムスタキ
  • 「私の孤独」(小坂一也歌唱、ポリドールレコード)
  • 「ヒロシマ」
  • 「愛のシャンソン」
アルマンド・ マンサネーロ
アン・グレゴリー
  • 「天使の詩」(作曲:P.クラーク、郷ひろみ歌唱、CBSソニーレコード)

ミュージカル[編集]

  • 「青いガラスとエメラルド」作:ヒロコ・ムトー、演出:篠崎光正、音楽:深町純
  • 「白姫伝説」作:ヒロコ・ムトー、演出:浦辺日左夫、音楽:井上鑑
  • 「ゴールド物語」作:ヒロコ・ムトー、演出:木島恭、音楽:マリオネット
  • 「猫の遺言状」作:ヒロコ・ムトー、演出:木島恭、音楽:マリオネット
  • 「幸せ猫」作:ヒロコ・ムトー、演出:木島恭、音楽:マリオネット

単著 [編集]

  • 『恋の日記 - 裸足で駆ける少女』(絵:トシコ・ムトー)サンリオ出版<サンリオ・ギフト・ブックシリーズ>、1972年
  • 『愛の日記 - ふりむいた少女』(絵:トシコ・ムトー)サンリオ出版<サンリオ・ギフト・ブックシリーズ>、1974年
  • 『ミキ、アメリカに帰りたい』講談社、1982年
  • 『妻たちの海外駐在』文藝春秋、1985年(<文春文庫>、1994年)
  • 『不忘窯の人々 - 風と野草と焼き物と』蝸牛社、1988年
  • 『幸福な猫の淋しい背中』文藝春秋、1990年
  • 『あの娘の母はこの母の娘』文藝春秋、1994年
  • 『猫の遺言状』文藝春秋、1998年
  • 『野良猫ムーチョ - 心に吹く風』(イラスト:森田あずみ、翻訳:弟子丸典子)テレビ朝日事業局出版部、2001年
  • 『LOVE CAT 愛を求めて』テレビ朝日、2003年
  • 『あなたがいい』PHP研究所、2004年
  • 『心の宅急便』中経出版、2009年 ISBN 978-4-8061-3454-1
  • 『一度しかない人生だから - 六十代からできること』海竜社、2011年 ISBN 978-4-7593-1198-3
  • 『天使になったシュクちゃん 世界一愛された犬の七年半』(イラスト:YASCA)文藝春秋、2015年
  • 『人生いつでも花開く』 野絵瑠社、2019年

共著[編集]

  • 『手のひらのしあわせ -豆紙人形から始まった、八十八歳のシンデレラ物語』(マサコ・ムトーと共著)PHP研究所、2002年
  • 『雲日記』(マサコ・ムトーと共著)海竜社、2012年

訳書[編集]

  • ベヒッチ・アック『高血圧のプラタナス』蝸牛社<かたつむり文庫>、1991年
  • アデモラ・アデコラ『クムクボリクラ王子』蝸牛社<かたつむり文庫>、1996年

脚注[編集]

  1. ^ 赤岡東「エッセイスト、ミュージカル作家 ヒロコ・ムトーさん」産経新聞2004年11月29日
  2. ^ 青山学院大学ESS・OB会 会報 1999年4月1日発行 第4号 7頁 「OBファイル」
  3. ^ 青山学院大学ESS・OB会 会報 2006年9月1日発行 第11号 15頁 「OBの書いたミュージカルと本」
  4. ^ 子どもたちへの、いじめの克服と生きる勇気を与えるための朗読講演活動 - 横浜市(かながわボランタリー活動推進基金21)
  5. ^ コラム「ヒロコ・ムトーさん『心の宅急便』-『生きる勇気届けたい』」山形新聞2009年9月5日夕刊
  6. ^ 「届け、心の宅急便」神奈川新聞2010年3月19日朝刊
  7. ^ 北米報知(The North American Post)、2010年5月3日・2010年6月9日