ヒロシマ 原爆投下までの4か月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ヒロシマ 原爆投下までの4か月
HIROSHIMA
ジャンル ドキュメンタリー
歴史
ドラマ
脚本 石堂淑朗
ジョンズ・ホプキンズ英語版
監督 ロジャー・スポティスウッド
蔵原惟繕
演出 左近允洋(日本語吹き替え版)
出演者 ケネス・ウェルシュ
松村達雄
ジェフリー・デマン
高橋幸治
ナレーター 伊藤惣一
製作
プロデューサー アンドリュー・アデルソン英語版
マイケル・キャンパス英語版
ポール・E・ペインター
ロビン・スプライ英語版
池田哲也
和田倉和利
小野克己
貝山知弘
制作 カナダの旗テレセン コミュニケーション
日本の旗大映株式会社
日本の旗シネバザール
放送
放送国・地域 日本の旗NHK
アメリカ合衆国の旗(Showtime)
放送期間 日本の旗1996年8月5日 - 同年8月8日
放送時間 0:10~01:07
放送分 57分(テレビ放送)
186分(前後編合わせたDVD版)分
回数 4
テンプレートを表示

ヒロシマ 原爆投下までの4か月』(原題 HIROSHIMA)は日本アメリカカナダ、三国の合同制作によるテレビドラマシリーズである。広島市への原子爆弾投下から50年が経ったことを機に制作された。VHS発売時には『ジ・エンド・オブ・パールハーバー HIROSHIMA』『破滅への道(前編)』『運命の日(後編)』というタイトルがついた。 日本では、1996年8月5日から同年8月8日まで4回に渡ってNHK総合で放送された。

概要[編集]

第二次世界大戦末期の1945年のルーズベルト大統領死去によりトルーマン大統領就任から終戦までの4か月の間のマンハッタン計画の全容を日米双方の政府の視点により描く。 1996年にはエミー賞を受賞した。

あらすじ[編集]

1945年4月、トルーマンはルーズベルト死去により大統領に就任する。アメリカ政府は日本の本土決戦により想像以上の軍の犠牲を出しており、予てより秘密裏に進めていた核兵器開発の最終段階まで進んでおり、戦争終結のために使用するか議論がされていた。一方日本政府はルーズベルト死去により戦局が有利になると軍部は過信し、このまま一億玉砕をしてでも戦い抜くことを推し進める。その最中、大統領となったトルーマンも日本の首相鈴木も天皇裕仁でさえもこれ以上の犠牲を出さずに和平交渉は出来ないと模索するのだが、日米双方の歯止めが利かなくなってしまった軍部の圧力により、運命の時が次第に近づいてゆく。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替えのキャスト

アメリカ政府
日本政府
証言者(インタビュー映像)