ヒロド歩美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ひろど あゆみ
ヒロド 歩美
プロフィール
本名 ヒロド・ビクトリア・歩美[1]
愛称 ビクトリア[2]
ひろどん[3]
ビッキー[3]
出身地 兵庫県の旗兵庫県宝塚市[4]
国籍 日本の旗 日本[5]
生年月日 (1991-10-25) 1991年10月25日(29歳)[4]
身長 164 cm[6]
最終学歴 早稲田大学国際教養学部
勤務局 朝日放送→朝日放送テレビ
部署 編成局アナウンス部
活動期間 2014年 -
公式サイト 朝日放送 ヒロド歩美
出演番組・活動
出演中 朝だ!生です旅サラダ
速報!甲子園への道
熱闘甲子園
サンデーLIVE!!
プロ野球・高校野球中継など
出演経歴 雨上がりのやまとナゼ?しこ
ハッキリ5〜そんなに好かれていない5人が世界を救う〜
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

ヒロド 歩美(ひろど あゆみ、1991年10月25日[4] - )は、朝日放送テレビ(ABCテレビ)所属のアナウンサー

経歴[編集]

兵庫県宝塚市出身[4]日系オーストラリア人3世の父と日本人の母との間に生まれた[3]

小学2年の時に、9ヶ月間のオーストラリア生活を経験[7]。小学4年から中学2年まではヨット競技で活躍し、小学6年時にはジュニアヨット大会で優勝[7]オリンピックを目指した時期もあった[8]。また、中学から高校にかけてはバレーボールを経験した[7]

小林聖心女子学院高等学校を経て[8]早稲田大学国際教養学部に入学。大学1年次の2010年には、早稲田祭「早稲田コレクション2010」のファイナリストに選ばれた[9][6]ほか、大学3年次の2012年11月27日には、ミス・ユニバース・ジャパン千葉大会でベストパーソナリティ賞を受賞した[10](いずれも「廣戸歩美」名義)。なお、大学1~3年次にはテレビ朝日学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!』に出演した[注 1]

大学卒業後の2014年4月、朝日放送(ABC、旧法人)に入社。同年7月22日には、『速報!甲子園への道』全国ネットパートのキャスターとして、同期入社の川添佳穂と共に番組デビューを果たした。2015年には、同番組のキャスターを続投するとともに、全国高等学校野球選手権大会テレビ中継甲子園スタジオキャスターを担当。2015年のプロ野球シーズンからは、朝日放送テレビやsky・Aで阪神の関西圏主催試合(阪神甲子園球場または京セラドーム大阪)を中継する場合に、同球団のベンチリポーターを務めている。

全国ネットの番組に出演する機会が多く、『芸能人格付けチェック』では2014年11月11日放送分から斎藤真美の後任として「3代目格付けアナ」に就任。2015年8月1日から2019年3月30日までは、産休に入った小寺右子の後任として、『朝だ!生です旅サラダ』のレギュラー陣に加わっていた。2016年以降は、『速報!甲子園への道』のキャスターを単独で担当するほか、古田敦也野球解説者)とのコンビで『熱闘甲子園』(朝日放送・テレビ朝日の共同制作番組)のキャスターを務めている。

2017年10月1日からは、『サンデーLIVE!!』(テレビ朝日・朝日放送・メ〜テレ・3社共同制作)で、小木逸平(テレビ朝日アナウンサー)、濱田隼(メ〜テレアナウンサー)と共にサブキャスターに抜擢された。朝日放送の女性アナウンサーが、他局との共同制作による全国ネットの報道・情報番組にレギュラーでキャスターを務める事例は、2006年から『サンデープロジェクト』(朝日放送・テレビ朝日の共同制作番組)のサブキャスターを担当した赤江珠緒(現在はフリーアナウンサー)以来である。

2018年4月1日の朝日放送グループ再編に伴って、旧法人からアナウンス管理・テレビ放送などの業務を継承した朝日放送テレビへ自動的に転籍。転籍後の2020年4月1日付で、アナウンス職のまま東京オフィスへ異動したが、大阪(ほたるまち)の本社で制作・放送する番組にも引き続き出演している[13]

人物・エピソード[編集]

親戚に音楽プロデューサーの宮路一昭がいる[14]

2015年4月12日には、京セラドーム大阪で開かれたKANSAI COLLECTION 2015SPRING&SUMMERでは、同期入社の川添佳穂とともに、ショーモデルとしてランウェイを歩いた[15]

高校時代から地元の阪神タイガースファンで、特技は英語による「六甲おろし」の歌唱[3]。高校時代には、英語のスピーチコンテストで、近畿大会優勝・全国大会3位という実績を残している[7]。朝日放送のサービスエリア(兵庫県・大阪府)内で開かれた2015 WBSC U-18ワールドカップでは、2015年9月6日の閉会式・表彰式(阪神甲子園球場)において、日本語と英語を交えながら司会を務めた。

2017年には、『新婚さんいらっしゃい!』(朝日放送テレビ制作の全国ネット番組)の第7代アシスタントの山瀬まみが両足の骨折で全治3ヶ月と診断されたことを受けて、9月28日に秋田市内で実施した公開収録(10月15・22日放送分)において、ピンチヒッターとして急遽アシスタントに起用された[16]。なお、いずれの放送分も本編のトークは文枝が単独で進行し、ヒロドは収録地の紹介VTRと「LOVEキャッチ」(収録に参加した夫婦による後半のゲームコーナー)のみの登場となった。

出演・担当番組[編集]

※ 局名が書かれていないものは朝日放送テレビ・ラジオ制作、○は全国ネット放送

現在[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

過去[編集]

テレビ[編集]

  • 速報!甲子園への道(2014年 - 2019年)
    • 入社1年目の2014年から全国ネットパートを担当。同年は川添、2015年には山本雪乃テレビ朝日アナウンサー)とのダブルキャスト形式で出演していた。2016年からは単独で担当。
  • おはよう朝日です (「人気mono サキヨミEnter!」水曜→火曜担当キャスター、2014年10月1日 - 2017年9月26日)
  • 関西コレクション
    • 2014年開催の「Autumn&Winter」から、関西ローカルで放送されるダイジェスト番組で、会場(京セラドーム大阪)からのリポートを担当。
  • 全国おもしろニュースグランプリテレビ朝日、2014年12月31日)
  • 雨上がりのやまとナゼ?しこ (2015年4月7日 - 2015年12月22日)
  • 朝だ!生です旅サラダ(2015年8月1日 - 2019年3月30日)
    • 当初はスタジオレギュラーとして、コーナー進行や天気予報を担当。2016年3月5日放送分からは、「ヒロドが行く!日本縦断コレうまの旅」(VTRロケコーナー)のリポーターも兼務した。
    • レギュラー降板後の2020年12月26日には「ラッシャー板前の生中継」でパートナーを担当。
  • ハッキリ5〜そんなに好かれていない5人が世界を救う〜(2016年4月10日 - 9月25日)
  • ABC創立65周年記念 池上彰のニッポン未来塾 ~超高齢クライシス2025~ (2016年9月22日)
  • おはようコールABC (2017年3月6日 - 3月17日、2018年5月22日)
    • 斎藤真美の代役としてキャスターを務めた。
  • 新婚さんいらっしゃい! (2017年10月15日・22日)
    • 前述した事情による暫定措置で、アシスタントとして出演。
  • 時代おくれ解消バラエティー NEWモン!未来塾(2018年6月2日)
  • おはよう朝日土曜日です (2018年8月4日)
  • ○ 熱闘甲子園直前スペシャル! 号泣甲子園 (2018年8月4日、2019年8月4日、進行アナウンサー)
  • ○ ファン10万人がガチで投票!高校野球総選挙 (テレビ朝日、2018年8月5日、2019年8月10日)
  • 深夜のダメ恋図鑑 (結婚式の司会役、2018年10月27日)
  • 絶景!絶品!絶叫!秋の女子旅KOREA-平昌五輪の地で笑顔旅♪- (2018年11月24日)
  • ○ 所有者不明!!解決!空き家バスターズ2 (2019年2月17日)
  • 必殺仕事人2019(2019年3月10日、江戸娘役)
    • 『サンデーLIVE!!』のメインキャスターである東山紀之と共演[20]
  • 新世代SNSスターアワード NEXT -あなたもテレビで活躍しませんか?-(2019年3月30日)
  • GET SPORTS (2019年5月20日、テレビ朝日)
  • おはようKOSHIEN101 (2019年8月6日)
  • 青空ふたたび(2019年8月6日 - 17日、ナレーター兼ナビゲーター)
  • 報道ステーション (テレビ朝日、2019年10月16日)
  • ひらめけ!冒険キッズ ナゾトキ×ランプ 3つのハテナ(2020年10月4日 - 25日、ナレーション)
  • エビシー修業日記(2021年1月7日 - 3月25日、カワウソちゃん 役〈声の出演〉[21]

ラジオ[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2011年2月24日、3月10日、4月28日、5月19・26日、2012年10月11日に出演[11][12]

出典[編集]

  1. ^ 喜多ゆかり (2014年9月30日). “関西コレクションA/W!”. アナアナ. 朝日放送. 2019年2月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  2. ^ “大阪・朝日放送のヒロド歩美アナ「六甲おろし」歌って怒られた”. Smart FLASH (光文社). (2016年9月15日). オリジナルの2021年1月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210126055143/https://smart-flash.jp/showbiz/joshiana/11818 
  3. ^ a b c d プロフィール”. 新人アナウンサー ひよこ日記2014. 朝日放送. 2018年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  4. ^ a b c d ヒロド 歩美”. アナアナ. 朝日放送. 2020年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  5. ^ “ねったまくん&ヒロド歩美アナが球児の夏伝えます”. 日刊スポーツ. (2015年8月4日). オリジナルの2015年8月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150804181231/https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1517514.html 
  6. ^ a b Entry04 廣戸歩美”. 早稲田コレクション2010. ワンダーノーツ. 2020年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  7. ^ a b c d “ABC川添佳穂、ヒロド歩美両新人アナ。動画再生1か月10万回ミッション挑戦中/大阪”. THE PAGE 大阪. (2014年9月10日). オリジナルの2016年3月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160304063411/http://osaka.thepage.jp/detail/20140917-00000005-wordleaf 
  8. ^ a b “30分じゃ足りないドラマ 熱闘甲子園・ヒロド歩美さん - 高校野球”. 朝日新聞. (2019年8月21日). オリジナルの2019年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191202095503/https://www.asahi.com/articles/ASM614RRXM61PTIL007.html 
  9. ^ モデル”. 早稲田コレクション2010. ワンダーノーツ. 2020年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  10. ^ アーカイブ”. 2014 ミス・ユニバース・ジャパン 千葉大会 オフィシャルサイト. 2013年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月26日閲覧。
  11. ^ 「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」2011年2月24日(木)放送内容」 価格.com テレビ紹介情報
  12. ^ 「学生才能発掘バラエティ 学生HEROES!」2012年10月11日(木)放送内容」 価格.com テレビ紹介情報
  13. ^ “芸能界が狙う「地方局アナ30人」ダントツ1位は朝日放送・斎藤真美アナ”. Smart FLASH (光文社). (2020年8月3日). オリジナルの2020年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201005234841/https://smart-flash.jp/variety/109888/2 
  14. ^ miyajikazuakiのツイート(668745156128997376)
  15. ^ 朝日放送YouTube公式チャンネル「ひよこアナ」川添佳穂&ヒロド歩美 関西コレクションランウェイステージ本番!
  16. ^ “山瀬まみ骨折で欠席の「新婚さん」 ヒロド歩美アナがピンチヒッター”. デイリースポーツ. (2017年9月27日). オリジナルの2017年9月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170927140135/https://www.daily.co.jp/gossip/2017/09/27/0010592845.shtml 
  17. ^ 2020高校野球 僕らの夏”. 朝日放送テレビ. 2020年8月7日閲覧。
  18. ^ “東山紀之初キャスターを支える3人の局アナ発表”. ORICON NEWS. (2017年7月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2094645/full/ 2017年7月25日閲覧。 
  19. ^ 浜田雅功MC、昭和VS平成の世代間クイズバラエティが4月スタート”. お笑いナタリー (2019年3月6日). 2019年3月22日閲覧。
  20. ^ ヒロド歩美アナ『必殺仕事人』出演 東山紀之に「感動しました」”. マイナビニュース (2019年3月7日). 2019年3月10日閲覧。
  21. ^ 「エビシー修業日記」ABCテレビにて1月放送スタート! エビシー役は悠木碧、ヒロイン役にはヒロド歩美アナウンサー,Anime Recorder,2020年11月30日
  22. ^ 第11回日本放送文化大賞 - 日本民間放送連盟 2016年1月2日閲覧
  23. ^ 映画プリキュアミラクルリープ:ヒロド歩美アナが本人役で声優初挑戦 やる気は十分! 不安も…”. MANTANWEB (2020年1月29日). 2020年1月29日閲覧。