ヒース・ハンブリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • ヒース・ヘンブリー[1][2]
  • ヘース・ヘンブリー[3]
ヒース・ハンブリー
Heath Hembree
ボストン・レッドソックス #37
Heath Hembree.jpg
ボストン・レッドソックス時代
(2017年9月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国[4]
出身地 サウスカロライナ州スパータンバーグ郡[4]
生年月日 (1989-01-13) 1989年1月13日(30歳)[4]
身長
体重
6' 4" =約193 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手[4]
プロ入り 2010年 MLBドラフト5巡目でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名[4]
初出場 2013年9月3日[4]
年俸 $547,000 (2017年)[5]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

リチャード・ヒース・ハンブリー[要出典] (Richard Heath Hembree, 1989年1月13日 - ) は、アメリカ合衆国サウスカロライナ州スパータンバーグ郡出身のプロ野球選手 (投手) [4]。右投右打[4]MLBボストン・レッドソックスに所属[6]。愛称はヒーター[7]

日本では「ヘンブリー」と表記する事が多い[1][2][3]

経歴[編集]

プロ入りからジャイアンツ時代[編集]

サンフランシスコ・ジャイアンツ時代
(2013年9月3日)

2010年MLBドラフト5巡目でサンフランシスコ・ジャイアンツから指名され、7月3日に契約[4]。同年はルーキー級のアリゾナリーグ・ジャイアンツ英語版で12試合・11.0イニングにリリーフ登板し、防御率0.82・3セーブ・無四球・22奪三振という成績をマークした[8]

2011年は、A+級のサンノゼ・ジャイアンツ英語版で26試合に登板し、防御率0.73・21セーブ・WHIP1.14を記録[8]。6月16日からはAA級のリッチモンド・フライングスクォーレルズでプレーし、そこでは28試合の登板で防御率2.83・1勝1敗17セーブ・WHIP1.15を記録した[8]。2チームの合算では、54試合のリリーフ登板で防御率1.86・1勝1敗38セーブ・WHIP1.14だった[8]

2012年は、サンノゼとAAA級のフレズノ・グリズリーズでプレー[8]。サンノゼでは5試合に登板しただけで、フレズノでは39試合に登板、合算で44試合のリリーフ登板で防御率4.19・1勝1敗15セーブ・WHIP1.16だった[8]

2013年は、フレズノで54試合に登板し、防御率4.07・1勝4敗31セーブ・WHIP1.27という成績を記録していた[8]9月にメジャー昇格し、9月3日のサンディエゴ・パドレス戦でメジャーデビューを果たした[9]。デビュー戦では1点ビハインドの8回裏から登板し、1.0回を無安打無失点2奪三振に抑えた[10]。この年、メジャー (ジャイアンツ) では9試合・7.2イニングに投げ、無失点に抑えた[4]

2014年3月21日にマイナー降格となり[11]、その後フレズノでは41試合に登板して防御率3.89・1勝3敗18セーブを記録していた[8]

レッドソックス時代[編集]

2014年7月26日、ジェイク・ピービーとのトレードで、エドウィン・エスコバーと共にボストン・レッドソックスへ移籍した[12]。移籍後は6試合にリリーフ登板し、防御率4.50・WHIP1.60を記録した[4]

2015年は、22試合に登板してメジャー初勝利を含む2勝を挙げた[4]。なお、この年はルーキー級のガルフ・コーストリーグ・レッドソックス英語版とAAA級のポータケット・レッドソックスでもプレーしているが、GCLでは公式戦初先発登板をした[8][4]

2016年は、レッドソックスで38試合にリリーフ登板して防御率2.65・4勝1敗・奪三振率8.3という成績を残した[4]

2017年は、62試合の登板で2勝3敗を記録[4]。防御率3.63とWHIP1.45は、いずれも2015年以降ではワーストの数値だったが、奪三振率は初の9.0以上 (10.2) をマークした[4]

2018年はブルペンの一員として開幕を迎えた。67試合・60回・76三振・4勝・1敗・防御率4.10でシーズンを終えた。当初、ポストシーズンのロースターに入っていなかったが[13]スティーブン・ライトが怪我により出場ができなくなってしまったため、急遽ポストシーズンに出場することになった[14][15]

選手としての特徴[編集]

ピッチングの主体をなすのは150キロ台前半のフォーシームである[1]

右打者に対して起用すると活きるとされ、2016年の対右打者打率は.201・対左打者打率は.338[1]、2017年の対右打率は.280・対左打率は.313であり[16]、実際に対右打者打率の方が低い。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[4][6][編集]





















































W
H
I
P
2013 SF 9 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 29 7.2 4 0 2 0 0 12 0 0 0 0 0.00 0.78
2014 BOS 6 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 43 10.0 11 1 5 2 0 6 1 0 5 5 4.50 1.60
2015 22 0 0 0 0 2 0 0 1 1.000 106 25.1 25 5 9 2 0 15 1 0 10 10 3.55 1.34
2016 38 0 0 0 0 4 1 0 6 .800 223 51.0 51 6 17 1 0 47 0 0 23 15 2.65 1.33
2017 62 0 0 0 0 2 3 0 14 .400 271 62.0 72 10 18 0 1 70 2 0 29 25 3.63 1.45
2018 67 0 0 0 0 4 1 0 20 .800 260 60.0 53 10 27 1 1 76 4 1 30 28 4.20 1.33
2019 45 0 0 0 0 1 0 2 4 1.000 173 39.2 34 7 18 2 3 46 2 0 20 17 3.86 1.31
MLB:7年 249 0 0 0 0 13 5 2 45 .722 1105 255.2 250 39 96 8 5 272 10 1 117 100 3.52 1.35
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手(P)












2013 SF 9 0 0 0 0 ----
2014 BOS 6 1 0 0 0 1.000
2015 22 0 1 0 0 1.000
2016 38 2 7 1 0 .900
2017 62 2 5 1 0 .875
2018 67 3 7 0 0 1.000
2019 45 1 1 0 0 1.000
MLB 249 9 21 2 0 .933
  • 2019年度シーズン終了時

背番号[4][編集]

  • 38 (2013年 - 2014年途中)
  • 37 (2014年途中 - )

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2017』廣済堂出版、2017年、36頁。ISBN 978-4-331-52084-0。
  2. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2016』廣済堂出版、2016年、91頁。ISBN 978-4-331-52002-4。
  3. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、91頁。ISBN 978-4-331-51921-9。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Heath Hembree Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。
  5. ^ Heath Hembree Contract, Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ a b Heath Hembree Stats, Fantasy & News - MLB.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。
  7. ^ Ian Browne (2017年8月24日). “Red Sox Players Weekend nicknames explained” (英語). MLB.com. 2017年9月6日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i Heath Hembree Minor Stats - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。
  9. ^ Heath Hembree 2013 Pitching Gamelogs - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。
  10. ^ SFG vs. SDP September 3, 2013 - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。
  11. ^ Chris Haft (2014年3月21日). “Hembree among seven sent down to Minors” (英語). MLB.com. 2014年5月9日閲覧。
  12. ^ Red Sox Trade RHP Jake Peavy and Cash to San Francisco Giants” (英語). MLB.com Red Sox Press Release (2014年7月26日). 2014年7月27日閲覧。
  13. ^ Miller, Randy (2018年10月5日). “MLB playoffs 2018: Boston Red Sox set 25-man roster for ALDS vs. New York Yankees”. https://www.nj.com/yankees/index.ssf/2018/10/red_sox_set_roster_for_division_series_vs_yankees.html 2018年11月25日閲覧。 
  14. ^ Randall, Dakota (2018年10月6日). “Red Sox Replace Injured Steven Wright With Heath Hembree On ALDS Roster”. https://nesn.com/2018/10/red-sox-replace-injured-steven-wright-with-heath-hembree-on-alds-roster/ 2018年11月25日閲覧。 
  15. ^ Boston Red Sox win 2018 World Series.”. MLB. 2018年11月25日閲覧。
  16. ^ Heath Hembree 2017 Pitching Splits - Baseball-Reference.com (英語) . 2017年10月9日閲覧。

関連項目[編集]