ビジランテ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビジランテ
監督 入江悠
脚本 入江悠
製作 間宮登良松
江守徹
太田和宏
平体雄二
製作総指揮 加藤和夫
江守徹
出演者 大森南朋
鈴木浩介
桐谷健太
音楽 海田庄吾
撮影 大塚亮
編集 佐藤崇
製作会社 東京テアトル
スタジオブルー
配給 日本の旗 東京テアトル
公開 日本の旗 2017年12月9日
上映時間 125分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ビジランテ』は、2017年制作の日本映画。タイトルの「ビジランテ」(Vigilante)とは、自警団の意味。

入江悠監督が地元埼玉県深谷市を舞台に地方都市特有の暗部を描いた作品[1]大森南朋鈴木浩介桐谷健太らが出演[2]

あらすじ[編集]

大型商業施設の誘致計画が進む、埼玉県のとある閉鎖的な地方都市。地元の有力者の子供である神藤三兄弟の長男・一郎は父の死をきっかけに30年もの間行方知れずのまま、次男・二郎は地元の市議会議員、三男・三郎は暴力団の下でデリヘルの雇われ店長というように、全く異なる道を歩んでいた。

そんなある日、一郎が突然2人の前に現われ、父の遺言書を盾に土地を相続すると主張し始める。これをきっかけに三兄弟の欲望や野心、プライドがぶつかり合い、やがて事態は凄惨な方向へと動いていく。

キャスト[編集]

脚注[編集]