ビスキャス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社ビスキャス
VISCAS corporation.
Shinagawa seaside west tower 2009.JPG
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
144-0041
東京都大田区羽田空港1丁目8番8号
第三綜合ビル
設立 2001年9月26日
業種 非鉄金属
法人番号 1010701013430
事業内容 電力送配電システムの設計・製造・施工
代表者 代表取締役社長 佐久間進
資本金 136億円
従業員数 単独800名
決算期 3月
主要株主 古河電工 50%
フジクラ 50%
外部リンク http://www.viscas.com/
テンプレートを表示

株式会社ビスキャスは、東京都大田区に置く電力・送電・海底 / ケーブル(電線)の製造・販売・施工をする非鉄金属メーカーである。

沿革[編集]

  • 2001年9月26日(平成13年) - 古河電気工業株式会社株式会社フジクラの電力事業部門(電力送配電システム)を統合した合弁会社として発足。
  • 2001年10月1日(平成13年) - 電力ケーブルの設計・海外営業の会社として営業を開始。
  • 2005年1月1日(平成17年) - 地中送電関連事業、架空送電線関連事業、配電ケーブル関連事業及び国内外営業活動、製造、工事に統合を拡大。
  • 2006年10月1日(平成18年) - ネクサンス社(フランス)と共同出資で日本ハイボルテージケーブル株式会社を設立。

諸問題[編集]

  • 2009年(平成21年)1月29日、ビスキャス、ジェイ・パワーシステムズエクシムの3社が公正取引委員会の立ち入り検査を受けた。「高圧・特別高圧電力ケーブルの製造販売業者らは、共同して、受注予定者を決定し、製造販売業者らの受注割合を決定している疑いがある」というもの。国際的な価格カルテルを結んだ疑いが高い。同社では検査には全面的に協力すると発表している[1]

事業内容[編集]

  • 電力事業部 <設計・製造・販売>
  • 送電事業部 <設計・製造・販売>
  • 配電事業部 <設計・製造・販売>
  • 海外エンジリアリング事業部 <地中・架空送の設計・製造・施工>

事業所所在地[編集]

  • 本社
    • 東京都大田区羽田空港1丁目8番8号 第三綜合ビル
  • 生産拠点事業所
    • 市原工場 / 市原開発センター <電力ケーブル製造・配電ケーブル製造・電力、配電研究開発>
    • 平塚工場 <電力機器部品製造>
    • 沼津工場 <架空送電線製造>
    • 鈴鹿工場 <配電ケーブル製造>
    • 石岡工場 <電力機器部品製造>
    • 日光開発センター <架空送電線製造開発・研究所>
    • 富津工場 - 日本ハイボルテージケーブル株式会社 <電力ケーブル製造>

関連会社[編集]

  • 日本ハイボルテージケーブル株式会社
<概要>
  • 本社 - 富津工場 〔土地、建屋はビスキャスからのリース〕
  • 事業内容 - OF、POF、MIケーブルの製造
  • 資本金 - 31億円 〔出資比率 : ネクサンス社 66.7% / ビスキャス 33.3%〕

関連項目[編集]

脚注[編集]