ビターバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ビターバレーは、日本たばこ産業(JT)が製造・販売していたたばこのブランド。

この製品が発売された頃からJTは積極的に製品を地域限定で投入して、販売動向を踏まえて全国発売をしていった。結果、この銘柄は2004年5月販売中止となった。富士ルネッサンスのキングサイズと共に、大量投入時代の中でも最も販売期間が短い銘柄だった。

香料無添加で甘さの無い自然な苦味と香ばしさが特徴であったが、独特な味だったため定着しなかった。

名前の由来は、「苦い(渋い)渓谷」と言う味わいをそのまま示した形として作られた造語とされている。

製品一覧[編集]

販売終了製品[編集]

製品名 価格 本数 発売年月日 廃止年月 タール ニコチン 販売地域 備考
ビターバレー 300円 20本 2004年1月7日 2004年5月 8mg 1.0mg 広島県・島根県・山口県

関連項目[編集]