ビッグゴールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

ビッグゴールド』は、かつて小学館が発行していた青年漫画雑誌。一度休刊になった後に復活したが、再び休刊となっている。

創刊〜一時休刊[編集]

ビッグコミック』の増刊誌として1978年6月8日に創刊。『ビッグコミック』から派生誌としては『ビッグコミックオリジナル』に続く2冊目。B5サイズで表紙は小学館の雑誌のマスコットキャラクターであるナマズが大きく印刷されているだけのシンプルなデザインであった。年齢層的には『ビッグコミック』と変わらないが、石ノ森章太郎赤塚不二夫松本零士といった豪華執筆陣を数多く揃えていた。

1985年7月18日の12号で一時休刊。

主な掲載作品[編集]

連載[編集]

読み切り[編集]

No.1
No.2
No.3
No.4
No.5
No.6
  • 舞茸(作:白土三平、画:一ノ関圭)
  • クレオパトラだぞ(藤子不二雄)
  • 五年目の秋(里中満智子)
  • レーモン河畔(水木しげる
  • 孔雀風琴(宮谷一彦
No.7
No.8
No.9
  • 狼少年(西岸良平)
No.10
No.11
No.12

復活〜休刊[編集]

1992年12月17日、毎月17日の『月刊ビッグゴールド』として新創刊。サイズがA4になり、表紙イラストが藤井啓誌(後にたむらしげる)によるイラストとなった。旧版同様『ビッグコミック』の増刊扱いであったが、1995年1月号で独立創刊された。横山光輝の『史記』や松本零士の『銀河鉄道999』の続編の連載で知られる。

1999年3月、休刊。

主な掲載作品[編集]

連載[編集]

  • 平成野球草子(水島新司
  • アトンの娘(里中満智子)
  • ケースハード(松本零士)
  • 不思議電車(水木しげる)※2号からは『不思議シリーズ』に改名
  • 史記横山光輝
  • 夢枕(林静一
  • 仁山河駄呆留氏(川崎のぼる)※後に『Mr.ゴルファー 仁山河駄呆留氏』に改名
  • ギャンブル哲学(黒鉄ヒロシ)
  • サンドイッチマン(二階堂正宏
  • 博愛の人(ジョージ秋山)
  • 妖怪変化シリーズ(水木しげる)
  • 理想宮(畑中純
  • 炎々ゆめうつつ(牧美也子
  • ゼンマイ仕掛けの犯罪白書(青柳裕介)
  • 幕間〜みじかめ噺(高井研一郎)
  • 一コマスタジアム(山田紳)
  • 学校へ行くクスリ(萩尾望都
  • 日常劇場(蛭子能収
  • 下落合シネマ酔館(作:赤塚不二夫、やまさき十三、画:和田誠
  • 虹のコレクション(たむらしげる
  • 猿飛佐助(石ノ森章太郎)
  • 職人尽百景(村野守美
  • 宮本武蔵(石ノ森章太郎)
  • 野性伝説/爪王(作:戸川幸夫、画:矢口高雄)
  • たらちねストリート(作:面家哲郎、画:高井研一郎)
  • GAM-BLUES(黒鉄ヒロシ)
  • どてらネコの月例チョー議会報告(はしもといわお
  • 塚原卜伝(石ノ森章太郎)
  • 新・藩翰譜 森一族(作:久保田千太郎、画:ほんまりう
  • 大多摩月夜(畑中純)
  • 野性伝説/羆風(作:戸川幸夫、画:矢口高雄)
  • 銀河鉄道999(松本零士)
  • 朝子の野球日記(水島新司)
  • 鶴亀ワルツ(里中満智子)
  • 東西奇ッ怪紳士録(水木しげる)
  • マジデカ(作:中原まこと、画:高井研一郎)
  • 捨てがたき人々(ジョージ秋山)
  • ワルイヤツラ(さそうあきら
  • おもひで飲食展(北見けんいち)
  • 生鮮マンガ市場(夏目房之介・他)
  • 代表取締役 近藤勇(川崎のぼる)
  • 野性伝説/北へ帰る(作:戸川幸夫、画:矢口高雄)
  • 鈍色の坂(柳澤公夫
  • ぼくらはみんな生きている(さそうあきら)
  • 木槌の誘い(水木しげる)
  • まぼろしの旗(竹宮恵子)
  • 小池さん(作:林律雄、画:高井研一郎)
  • 野性伝説/飴色角と三本指(作:戸川幸夫、画:矢口高雄)
  • 新宿ギョインバット(くじらいいく子
  • 史記列伝(横山光輝)
  • お父さんは急がない(倉多江美

シリーズ連載[編集]

読み切り[編集]

漫画単行本レーベルについて[編集]

本誌の単行本として『ビッグゴールドコミックス』『ビッグコミックスゴールド』という2つの漫画単行本レーベルが存在していた。しかしこの単行本は新創刊後のビッグゴールドの作品の単行本であり、初めて創刊されたビッグゴールドの作品の単行本は前述のレーベル以外のレーベルから発行されていることが多い。