ビッグモーニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ビッグモーニング
ジャンル 情報番組
出演者 生島ヒロシ
寺田理恵子
荒川強啓
上野ゆい
オープニング 山下達郎の楽曲(テーマ曲を参照)
製作
制作 TBS
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1990年10月1日 - 1994年9月30日
放送時間平日 7:00 - 8:30
放送枠TBS系列朝の情報番組枠
放送分90分

特記事項:
1992年4月から12月の期間は『じゃんけんキッズ』の放送に伴い、8:15までの放送。
テンプレートを表示

ビッグモーニング』(英称:Big Morning)は、1990年10月1日から1994年9月30日まで、TBSJNN系列)のテレビ局で平日に生放送された報道情報番組である。

概要[編集]

元TBSアナウンサーでタレントの生島ヒロシと、フジテレビからフリーになった寺田理恵子が総合司会を務めた。生島の降板後はフリーアナウンサーの荒川強啓が男性司会になり、寺田降板後はタレントの上野ゆいが女性司会となった。

ニュースを扱う情報番組ではあるが、ワイドショーを手がけていた「社会情報局(当時)」が担当という事もあり、ワイドショーに似た制作手法をとった。スポーツから生活情報、芸能情報(「エンターテイメントニュース」と銘打った)、健康にまつわる話も取り上げる等、幅広い守備範囲が特徴。

第1回の放送は当時プロレス引退騒動を報じられていたアントニオ猪木がゲストだった。猪木が引退を否定すると、生島は当日の1面で引退を報じた『デイリースポーツ』(東京発行版)を放り投げるというパフォーマンスを見せている。そして、天気予報コーナーは、宿敵番組『ズームイン!!朝!』が放送されている日本テレビの近くから中継をやっていた。このように、当時バラエティなどでも司会を務め活躍していた生島の個性が遺憾なく発揮され、放送期間中に生島が「『やじうま』はもう抜きました」と発言し、視聴率的には上昇傾向だった。

当番組から現在の『あさチャン!』まで行われているカスタム時刻表示が導入された[1][2]

1992年9月30日を以って、当番組をネットしていたNNN2局(秋田放送南海放送)がJNNへの番販参加取りやめに伴い当番組の放送を打ち切った[3] と同時に、NNN系列における当該枠を放送する局はなくなった。

1992年大晦日はTBS系の長時間年越し特番『39時間テレビ』の1コーナーとして、後座番組『モーニングEye』との合同コーナー『ビッグモーニングEye』を放送した。

1993年1月には、リポーター陣の1人だったTBSアナウンサー(当時)・下村健一の発案をきっかけに、テレビ番組で初めてダイヤルQ2募金「SOS100円ダイヤル」[4] を実施し大反響を呼ぶ。これ以降、災害時には各テレビ局でダイヤルQ2を使った募金が行われた。

1993年6月9日は、当日に行われた皇太子結婚の儀特別番組の第2部として特番用の特設スタジオから放送。

当番組のコーナー「噂のなんじゃもんじゃ」[5] は、小林豊の突撃取材で人気を博し、特番化もされ、その後出版化される。

1994年秋のTBS新社屋完成とともに終了した。

放送時間・出演者[編集]

期間 放送時間 総合司会 ニュース スポーツ お天気
全編 ニュースコーナー
(すべて10分)
男性 女性 月・火 木・金 キャスター コメンテーター
1990.10.1 1992.4.3 7:00 - 8:30(90分) 8:10 - 8:20 生島ヒロシ 寺田理恵子 小暮裕美子 香川恵美子 出光ケイ 畑恵美子
1992.4.6 1992.10.2 7:00 - 8:15(75分) 7:55 - 8:05 有村かおり 岡崎潤司 高橋真美
1992.10.5 1992.12.30 柴田秀一1 近藤美矩1
1993.1.4 1993.3.31 7:00 - 8:30(90分) 8:10 - 8:20
1993.4.1 1993.10.1 荒川強啓 近藤美矩1 柴田秀一1 清原正博 平山里美2
1993.10.4 1994.3.31 近藤美矩2
1994.4.1 1994.4.29 上野ゆい
1994.5.2 1994.9.30 近藤美矩2 佐古忠彦2

ニュース編集長(コメンテーター)[編集]

リポーター[編集]

  • 畑恵美子(現姓・戸田。当時TBSアナウンサー)
  • 下村健一(当時TBSアナウンサー、生島・荒川が夏休みの時は司会を担当)
  • 小林豊(TBSアナウンサー。後期の水曜日「THE MONEY」、金曜日「噂のなんじゃもんじゃ」担当)
  • 角熊ゆきえ(金曜日『9ワードチェック』担当)[7] 
  • 稲川淳二(水曜日『爆笑Aリーグ』担当)
  • 木之内美穂 
  • 吹田明日香
  • 草薙厚子
  • 阿部祐二 - 1994年に、当番組からリポーター[8] へ転向した。

ほか

ナレーター[編集]

  • 吉田智恵

番組に関わった構成作家[編集]

筏井正樹

放映ネット局[編集]

系列は当時の系列。
放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 東京放送(TBS) TBS系列 制作局
現:TBSテレビ
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 岩手放送(IBC) 現:IBC岩手放送
宮城県 東北放送(TBC)
秋田県 秋田放送(ABS) 日本テレビ系列 1992年9月30日打ち切り
山形県 テレビユー山形(TUY) TBS系列
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
新潟県 新潟放送(BSN)
長野県 信越放送(SBC)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 中部日本放送(CBC) 現:CBCテレビ
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
島根県鳥取県 山陰放送(BSS)
岡山県香川県 山陽放送(RSK) 現・RSK山陽放送
広島県 中国放送(RCC)
山口県 テレビ山口(TYS)
愛媛県 南海放送(RNB) 日本テレビ系列 1992年9月30日まで
あいテレビ(ITV) TBS系列 1992年10月1日開局から
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC)
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

中継リポーター[編集]

テーマ曲[編集]

期間 テーマ曲 歌手
1990.10.1 1993.6.11 モーニング・シャイン 山下達郎[10]
1993.6.14 1994.9.30 鳴かないでHERON[11]


脚注[編集]

  1. ^ ただし、送出は一貫して関東地区のみである。
  2. ^ カスタム時刻表示の導入はフジテレビに次いで二例目。フジテレビでは本番組より半年早く『FNN朝駆け第一報!』と『グッドモーニングジャパン』でカスタム時刻表示をキー局で最初に行っていたが、数ヶ月で廃止されている。その後、『めざましテレビ』開始に際して初めて全国同一のカスタム時刻表示を行うようになった。
  3. ^ 南海放送はJNN系列局あいテレビの開局によるもの。あいテレビやチューリップテレビなどTBS系列局が続々開局した事により系列外ネットは秋田放送のみとなる事から秋田放送へTBSよりネット打ち切り通告があり同年9月30日をもってネットを終了。それらの局は翌日から所属する系列に倣い『ズームイン!!朝!』を放送。
  4. ^ 下村健一公式サイト「SOS100円ダイヤル」募金実績
  5. ^ 当番組終了後は「新・噂のなんじゃもんじゃ」として『ニュースの森』の関東ローカルパートに移籍した。
  6. ^ 1993年1月の放送枠復元後は、ニュースコーナーも『じゃんけんキッズ』開始以前の時間帯に戻った
  7. ^ 1991年6月~最終回。コーナー開始当初は水曜日で、1991年10月-1992年3月は月曜日だった。
  8. ^ 現在は日本テレビ「スッキリ!!」のリポーター。
  9. ^ 1992年10月1日からは『ズームイン!!朝!』の初代RNB中継キャスターを務めた。
  10. ^ ちなみに、現在日本テレビ系列で放送されている朝の情報ワイド番組『ZIP!』のテーマソングも山下達郎が担当している。
  11. ^ 当番組のために書き下ろされたが、この時はシングルカットされなかった。約5年(1998年1月)の時を経てキリンラガービールのCFソングに起用されたのをきっかけに「ヘロン」としてリリースされた。

関連項目[編集]

TBS系列 平日朝の情報番組枠朝8時台のJNNニュース
前番組 番組名 次番組
ビッグモーニング
TBS系列 平日8:15 - 8:30枠
THE WAVE
※7:00 - 8:30
ビッグモーニング
(90分枠第1期)
じゃんけんキッズ
ビッグモーニング
(90分枠第2期)
ザ・フレッシュ!
※6:50 - 8:30