ビトレイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビトレイヤー
Welcome to the Punch
監督 エラン・クリーヴィー
脚本 エラン・クリーヴィー
製作 ロリー・エイトキン
ベン・ピュー
ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
製作総指揮 リドリー・スコット
リザ・マーシャル
スチュアート・フォード
ザヴィエル・マーチャンド
ジャン・ペイス
クリストファー・ウッドロウ
モリー・コナーズ
出演者 ジェームズ・マカヴォイ
マーク・ストロング
アンドレア・ライズブロー
音楽 ハリー・エスコット
撮影 エド・ワイルド
編集 クリス・ギル
製作会社 Worldview Entertainment
Between The Eyes
Automatik Entertainment
Scott Free Productions
配給 イギリスの旗 Momentum Pictures
日本の旗 ファインフィルムズ
公開 イギリスの旗 2013年3月15日
日本の旗 2013年5月4日
上映時間 99分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 イギリスの旗$1,647,029[1]
中華人民共和国の旗$1,160,000[1]
アメリカ合衆国の旗$$9,747[2]
テンプレートを表示

ビトレイヤー』(原題: Welcome to the Punch)は、2013年イギリスクライムアクション映画

ストーリー[編集]

3年前、刑事のマックスは大物犯罪者であるスターンウッドを逮捕寸前のところまで追いつめたが、右膝を撃たれ彼の逃走を許してしまう。それ以来スターンウッドは姿を見せず、それが原因で心身ともに大きな傷を持つマックスは、刑事としての自信を失いかけていた。

そんなある日、空港でスターンウッドの息子ルアンが、何者かによって撃たれた状態で発見される事件が発生する。ルアンの携帯電話から、スターンウッドはアイスランドに潜伏していることが発覚するが、警察が駆けつけた時には一足遅く、またしても彼に逃げられてしまう。一方、スターンウッドは息子を襲った犯人に復讐するため、警察の目を盗みロンドンに戻っていた。それを突き止めたマックスはスターンウッドを逮捕しようと躍起になる。

次第に捜査が進むにつれ、マックスとスターンウッドの双方が追っていた事件の犯人は、政府をも巻き込んでいる巨大な組織であることが発覚する。これを知った二人は、敵対関係でありながら真実を明らかにするために協力することになる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Welcome to the Punch(total)”. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ Welcome to the Punch” (英語). Box Office Mojo. 2014年4月18日閲覧。