ビニルアセチル-CoA Δイソメラーゼ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
ビニルアセチル-CoA Δイソメラーゼ
識別子
EC番号 5.3.3.3
CAS登録番号 9023-73-8
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

ビニルアセチル-CoA Δイソメラーゼ(Vinylacetyl-CoA Delta-isomerase、EC 5.3.3.3)は、以下の化学反応触媒する酵素である。

ビニルアセチルCoA\rightleftharpoonsクロトニルCoA

従って、この酵素の基質はビニルアセチルCoAのみ、生成物はクロトニルCoAのみである。

この酵素は異性化酵素、特にC=C結合を転移する分子内酸化還元酵素に分類される。系統名は、ビニルアセチル-CoA Δ3-Δ2-イソメラーゼ(vinylacetyl-CoA Delta3-Delta2-isomerase)である。この酵素は、ブタン酸代謝に関与している。

構造[編集]

2007年末時点で、1個の構造が解明されている。蛋白質構造データバンクのコードは、1U8Vである。

出典[編集]

  • Lynen F, Knappe J, Lorch E, Jutting G and Ringelmann E (1959). “Die biochemische Funktion des Biotins”. Angew. Chem. 71 (15–16): 481–486. doi:10.1002/ange.19590711503. 
  • Rilling HC and Coon MJ (1960). “The enzymatic isomerization of beta-methylvinylacetyl coenzyme A and the specificity of a bacterial beta-methylcrotonyl coenzyme A carboxylase”. J. Biol. Chem. 235: 3087–3092.