ビュザンティオン包囲戦 (紀元前478年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビュザンティオン包囲戦
戦争ペルシア戦争
年月日紀元前478年
場所ビュザンティオン
結果:ギリシア連合軍によるビュザンティオン攻略
交戦勢力
ギリシア連合軍
Standard of Cyrus the Great (Achaemenid Empire).svgアケメネス朝
指導者・指揮官
パウサニアス 不明
戦力
少なくとも艦隊50隻 不明
損害
不明 不明
ペルシア戦争

ビュザンティオン包囲戦(英:siege of Byzantium)はペルシア戦争のギリシア側の反撃における包囲戦である。この戦いでアケメネス朝ペルシアはビュザンティオンを、ひいてはトラキアの支配権を失った。

スパルタの将軍パウサニアスペロポネソス同盟からの20隻、デロス同盟からの30隻の艦隊を率いてキュプロスを攻め、次いでビュザンティオンを包囲し、陥落させた[1]。しかし、パウサニアスは乱暴な振る舞いをした。このために同盟諸国はアテナイに組し、また戦いの後にパウサニアスは戦いで捕えたペルシア王クセルクセス1世の親族を脱獄したと見せかけて密かに送り返し、それと同時にペルシア王にクセルクセスの娘を娶ってクセルクセスと婚姻関係を結びたいと申し出、そうすればギリシアをペルシアの支配下に置くという内容の書状を送った[2][3]。これらの事情が発覚したため、パウサニアスはスパルタで裁判を受けた。彼は無罪となったものの、司令官から解任された[4]

[編集]

  1. ^ トゥキュディデス, I. 94
  2. ^ ibid, I. 128
  3. ^ コルネリウス・ネポス, 『英雄伝』, 「パウサニアス」, 2
  4. ^ トゥキュディデス, I. 95

参考文献[編集]