ビューティージェネレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビューティージェネレーション
欧字表記 Beauty Generation[1]
香港表記 美麗傳承[2]
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2012年9月27日(8歳)
登録日 2016年5月23日(香港賽馬會)[2]
Road to Rock
Stylish Bel
母の父 Bel Esprit
生国  ニュージーランド
生産 Nearco Stud Limited[1]
馬主 郭浩泉[2]
調教師 Anthony Cummings(オーストラリアの旗 オーストラリア
ジョン・ムーア香港の旗 香港[1]
競走成績
生涯成績 27戦14勝
(2019年1月20日現在)
 
勝ち鞍
GI 香港マイル 2017年・2018年
GI チャンピオンズマイル 2018年・2019年
GI クイーンズシルヴァージュビリーカップ 2018年・2019年・2020年
GI 香港スチュワーズカップ 2019年
テンプレートを表示

ビューティージェネレーション: Beauty Generation[1]美麗傳承[2])は、香港競走馬。主な勝ち鞍は2017年2018年香港マイル2018年2019年2020年クイーンズシルヴァージュビリーカップチャンピオンズマイル2019年香港スチュワーズカップ

戦績[編集]

キャリアの初期はオーストラリアで走り、重賞は未勝利ながらも2016年のGIローズヒルギニーで2着の実績がある[1]。同年5月に香港に移籍する[2]

2017年香港マイルでは6番人気の伏兵でありながら、鮮やかに逃げ切り勝ちを収めてGI初制覇[3]2018年の上半期もクイーンズシルヴァージュビリーカップチャンピオンズマイルを制し、香港のマイル王者となる。2017-2018シーズンはこれらGI3勝を含む重賞5勝の成績を残し、香港の年度代表馬に選出された[4]

2018年秋はジョッキークラブマイルを1:32.64のコースレコードで圧勝し、暮れの香港マイルでも大本命と目された。同レースには日本からもモズアスコットペルシアンナイトヴィヴロスといった強豪が駒を進めてきたが、先手を奪うと直線では鞍上のザカリー・パートンが一度も鞭を入れることなく、最後は流しながら2着ヴィブロスに3馬身差をつける楽勝で連覇を達成した[5]。管理するジョン・ムーアは「私が香港に来てから最も印象的な勝利だった」と絶賛した[6]

2019年初戦の香港スチュワーズカップも3馬身差で圧勝し、前年からの連勝を6に伸ばした[7]。更にクイーンズシルヴァージュビリーカップでも連覇を達成して7連勝とした[8]

血統表[編集]

ビューティージェネレーション血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ノーザンダンサー系
[§ 2]

Road to Rock
2004 鹿毛
父の父
Encosta de Lago
1993 鹿毛
Fairy King Northern Dancer
Fairy Bridge
Shoal Creek Star Way
Rolls
父の母
Trewornan
1997 鹿毛
Midyan Miswaki
Country Dream
Miss Silca Key Tremiti
Mrs Moss

Stylish Bel
2005 鹿毛
Bel Esprit
1999 鹿毛
*ロイヤルアカデミーII Nijinsky
Crimson Saint
Bespoken Vain
Vin d'Amour
母の母
Stylish Victory
1986
Durham Ranger Noholme
Halconera
Romantic Peace Mikado
Vorticist
母系(F-No.) 22号族(FN:22-b) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×5=9.38%、Mr.Prospector5×5=6.25% [§ 4]
出典
  1. ^ ビューティージェネレーションの血統表. netkeiba.com. 2018年11月24日閲覧
  2. ^ ビューティージェネレーションの血統表. netkeiba.com. 2018年11月24日閲覧
  3. ^ Vorticist 5代血統表. JBIS Search. 2018年11月24日閲覧
  4. ^ ビューティージェネレーションの血統表. netkeiba.com. 2018年11月24日閲覧

出典[編集]