ビョルン・エンゲルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビョルン・エンゲルス Football pictogram.svg
Bjorn Engels Club Brugge.jpg
クラブ・ブルッヘでのエンゲルス(2014年)
名前
本名 ビョルン・エンゲルス
Björn Engels
基本情報
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
生年月日 (1994-09-15) 1994年9月15日(24歳)
出身地 カプライケ
身長 194cm
体重 83kg
選手情報
在籍チーム イングランドの旗 アストン・ヴィラFC
ポジション DF
背番号 22
利き足 右足
ユース
2006–2012 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2012–2017 ベルギーの旗 クラブ・ブルッヘ 79 (12)
2017–2019 ギリシャの旗 オリンピアコスFC 17 (3)
2018–2019 フランスの旗 スタッド・ランス (loan) 33 (1)
2019– イングランドの旗 アストン・ヴィラFC
代表歴2
2011 ベルギーの旗 ベルギー U-17 1 (0)
2011 ベルギーの旗 ベルギー U-18 1 (0)
2012 ベルギーの旗 ベルギー U-19 5 (1)
2016-2017 ベルギーの旗 ベルギー U-21 2 (1)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年7月21日現在。
2. 2019年7月21日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

ビョルン・エンゲルスBjörn Engels , 1994年9月15日 - )は、ベルギーオースト=フランデレン州カプライケ出身のプロサッカー選手イングランドプレミアリーグアストン・ヴィラFCに所属している。ポジションはDF

来歴[編集]

12歳の時にクラブ・ブルッヘのユースアカデミーに入団。2011-12シーズンに二種登録でトップチームに昇格。2012年9月20日のUEFAヨーロッパリーグFCジロンダン・ボルドー戦でプロデビュー。2012-13シーズン終了後にプロ契約を結び、3年契約を締結。2013-14シーズンに本格的にリーグデビュー。同シーズンは33試合5得点を記録し、リーグ最優秀若手選手賞の候補に挙がった。その後ベルギー・ファースト・ディビジョンAベルギー・カップで優勝を経験。2016年夏には、アーセナルFCボルシア・ドルトムントなどの有力チームが、エンゲルスの獲得に興味を示した[1]

2017年8月30日、オリンピアコスFCに移籍。同年10月31日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグのFCバルセロナ戦では、同胞GKシルヴィオ・プロトの活躍もあり、0-0のクリーンシートを演出[2]。加入1年目はリーグ戦17試合3得点を記録した。

2018年8月、スタッド・ランスへのローン移籍が決定。加入後先発に定着し、2019年3月には完全移籍が成立。33試合1得点を記録。

2019年7月10日、アストン・ヴィラFCと契約したことが発表された[3]

代表経歴[編集]

2011年からユース世代のベルギー代表に招集され、2017年にはUEFA U-21欧州選手権に出場した。

フル代表には2016年3月に初招集。同年フランスで開催されたUEFA EURO 2016の代表候補にも挙がっていたものの、負傷で落選[4]2018 FIFAワールドカップも招集外に終わった。

脚注[編集]

  1. ^ ベルギー若手DF:「アーセナルやドルトムントはまだ早い」”. goal.com (2016年8月19日). 2019年7月21日閲覧。
  2. ^ バルサ、19本シュートで屈辱の無得点。相手守護神がセーブ連発…0ゴールは今季初”. フットボールチャンネル (2017年11月1日). 2019年7月21日閲覧。
  3. ^ アストン・ビラがランスからベルギー人CBエンゲルスを獲得”. 超ワールドサッカー (2019年7月11日). 2019年7月21日閲覧。
  4. ^ DF陣に故障者相次ぐベルギー代表、フェルマーレンも負傷離脱”. AFP通信 (2016年6月4日). 2019年7月21日閲覧。