ビヨンセの2018年コーチェラ公演

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカ合衆国歌手ビヨンセが、2018年4月14日4月21日カリフォルニア州インディオエンパイア・ポロクラブで行ったコーチェラ・フェスティバルでの公演について記述する。ビヨンセは双子の妊娠のため前年のコーチェラでのヘッドライナーを延期した。そして、2018年にコーチェラでヘッドライナーを務める初のアフリカ系アメリカ人女性となった。彼女の公演は、マーチングバンドとマジョレットダンサーを擁する歴史的黒人大学やその文化に敬意を表しながら、ステップショーなどブラックギークライフの様々な側面を取り入れた。公演では、ブラック・フェミニズム、黒人作家のサンプリング、そしてデスティニーズ・チャイルドのメンバーであるケリー・ローランドミシェル・ウィリアムズ、姉のソランジュをステージ上でフィーチャーした。

4月14日の公演後、この公演はすぐに広範囲にわたって称賛を受け、メディアの多くは「歴史的」とこのショーを説明した。この公演はファンやメディアによって「ビーチェラ(Beychella)」と呼ばれている。2019年4月17日、ビヨンセはこのパフォーマンスを収めた「ホームカミング(Homecoming)」という題名のコンサート映画ライブアルバムを発表した。

評価[編集]

公演は広範囲で圧倒的な称賛を受けた。ニューヨーク・タイムズの音楽評論家ジョン・カラマニカは、「ビヨンセのコーチェラのライブ以上に意味が深く、人が夢中になり、威力があって、しかも急進的なアメリカのミュージシャンによるパフォーマンスは、今年は、いやこの先数年は出てこないだろう。」と述べた。さらにカラマニカは「それは歴史的で、強い政治的メッセージがにじみ、視覚的に壮大であった。騒々しく、荒々しいながらも計算しつくされた楽曲構成と振付はまさに驚異的」と称賛した[1]バラエティのクリス・ウィルマンは、「ショーはビヨンセを、私たちの時代の最高の音楽パフォーマーと証明した」と述べた[2]ワシントンポストCNNNBCエンターテインメント・ウィークリービルボードは、パフォーマンスを「歴史的」と表現した[3][4][5][6][7]

セットリスト[編集]

以下のセットリストは4月14日、21日の両公演で実行された[8][9][10]

  1. クレイジー・イン・ラブ(ハンブルバック・ザット・ サング・アップアイム・ア・ハスラーダウン・フォア・マイ・エヌズの要素を含む)
  2. フリーダム
  3. Lift Every Voice and Sing
  4. フォーメーション
  5. ソーリー」/「ミー、マイセルフ・アンド・アイ」/「キティ・キャット(アカペラ)
  6. ボウ・ダウン」/「アイ・ベーン・オン
  7. ドランク・イン・ラブ(ライラック・ワインスワッグ・サーフィンの要素を含む)
  8. ディーヴァ」 / 「エブリバディ・マッド ダンスブレイク
  9. フローレス」(リミックス)
  10. トップ・オフ
  11. 7/11
  12. ドントハート・ユアセルフ
  13. アイ・ケア
  14. パーティション
  15. ヨンセ
  16. ミ・ヘンテ(リミックス)
  17. マイン
  18. ベイビー・ボーイ (ヴァイブス・カーテルフリークスの要素を含む)
  19. ユー・ドント・ラブ・ミー(ノー、ノー、ノー)
  20. ホールド・アップ (バム・バムの要素を含む)
  21. カウントダウン (ブロッコリーの要素を含む)
  22. チェック・オン・イット
  23. デジャヴ(ゾンビの要素とグリーンライトからの引用を含む) (with ジェイ・Z)
  24.  「ラン・ザ・ワールド (ガールズ)
  25. ルーズ・マイ・ブレス (ガール、6インチビルズ、ビルズ、ビルズ) (with デスティニーズ・チャイルド)
  26. セイ・マイ・ネーム(ティンバランドリミックスの要素を含む) (with デスティニーズ・チャイルド)
  27. ソルジャー (contains elements of カリフォルニア・ラブ) (with デスティニーズ・チャイルド)
  28. ゲット・ミー・ボディ(with ソランジュのダンス)[9]
  29. シングル・レディス(プット・ア・リング・オン・イット)"
  30. ラブ・オン・トップ

備考

  • 4月21日の公演で、J.バルヴィンが「ミ・ヘンテ」をパフォーマンスのため、ビヨンセとステージに上がった[10]

ドキュメンタリーとアルバム[編集]

2019年4月17日、Netflixで公演の舞台裏に密着したドキュメンタリー「ホームカミング」が公開された。同時に発表されたライブアルバムホームカミング:ザ・ライブ・アルバム」では、メイズの「ビフォー・アイ・レット・ゴー」をカバーしている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Caramanica, Jon (2018年4月15日). “Review: Beyoncé Is Bigger Than Coachella”. The New York Times. https://www.nytimes.com/2018/04/15/arts/music/beyonce-coachella-review.html?smid=tw-share 2018年4月15日閲覧。 
  2. ^ Willman, Chris (2018年4月15日). “Beyonce Marches to a Different Drumline in Stunning Coachella Performance”. Variety. https://variety.com/2018/music/news/beyonce-coachella-review-1202753567/ 2018年4月15日閲覧。 
  3. ^ Suskind, Alex (2018年4月15日). “Beyoncé’s historic Coachella performance may be the best of all-time”. Entertainment Weekly. http://ew.com/music/2018/04/15/beyonce-coachella-review/ 2018年4月16日閲覧。 
  4. ^ Chavez, Nicole (2018年4月15日). “Beyoncé makes history with Coachella performance”. CNN. https://www.cnn.com/2018/04/15/entertainment/beyonce-coachella-performance/index.html 2018年4月15日閲覧。 
  5. ^ Horowitz, Steven J. (2018年4月15日). “Beyonce Brings Out JAY-Z and Destiny's Child for Historic Coachella Headlining Set”. Billboard. https://www.billboard.com/articles/news/festivals/8334610/beyonce-coachella-2018-destinys-child-jay-z 2018年4月15日閲覧。 
  6. ^ Dzhanova, Yelena (2018年4月15日). “Coachella dubbed 'Beychella' after historic Beyoncé set”. NBC News. https://www.nbcnews.com/pop-culture/music/coachella-dubbed-beychella-after-historic-beyonc-set-n866126 2018年4月15日閲覧。 
  7. ^ Izadi, Elahe (2018年4月15日). “Perspective | Beyoncé’s Coachella performance wasn’t just pure entertainment. It was a historic cultural moment.”. The Washington Post. ISSN 0190-8286. https://www.washingtonpost.com/news/arts-and-entertainment/wp/2018/04/15/beyonces-coachella-performance-wasnt-just-pure-musical-entertainment-it-was-a-historic-cultural-moment/ 2018年4月16日閲覧。 
  8. ^ “Watch Destiny's Child Reunite For Beyoncé's Coachella 2018 Performance”. Harper's BAZAAR. (2018年4月15日). https://www.harpersbazaar.com/culture/art-books-music/a19697446/beyonce-coachella-2018-performance/ 2018年4月15日閲覧。 
  9. ^ a b Wood, Mikael (2018年4月15日). “Beyoncé’s Coachella performance was incredible — and she knew it”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/music/la-et-ms-beyonce-coachella-review-20180415-story.html 2018年4月15日閲覧。 
  10. ^ a b Beyoncé turns Coachella into Beychella once more”. Los Angeles Times. 2018年4月22日閲覧。