ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け
監督 山川直人
脚本 高橋源一郎
山川直人
原案 高橋源一郎
製作 増田通二
出演者 三上博史
音楽 千野秀一
主題歌 ZELDA
撮影 高間賢治
編集 鈴木歓
製作会社 バップ
パルコ
配給 パルコ
公開 1986年8月1日
上映時間 109分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』(ビリィ・ザ・キッドのあたらしいよあけ)は、1986年8月1日に公開された日本の映画作品。監督は山川直人。上映時間109分。パルコが配給を行ったPARCOムービー第一弾。

概要[編集]

山川直人監督の商業映画(35mm)デビュー作。「ワンセットだけで1本の映画を成立させたい」というアイデアを基に作られた。本作では "スローターハウス" という酒場での4日間を描いている(但し、冒頭および最後のモニュメントバレーのシーンだけは現地ロケである)。ワンセットで作られた為に、会話劇中心となり舞台装置などにも演劇的要素が多く見られる(演劇関係者のキャスティングも多い)。原案は小説家の高橋源一郎で、『さようなら、ギャングたち』『虹の彼方に』『ジョン・レノン対火星人』などの作品から引用されている。高橋の小説以外にも、様々な作品からの引用、オマージュ、パロディが全編に配されている。中でも『七人の侍』のパロディが多く、7人で店を守る設定や、キャラクター造形にも反映されている。本作品の "宮本武蔵" は『七人の侍』の久蔵がモデルとなっているが、その久蔵のモデルの一人は宮本武蔵である。酒場の名前は、カート・ヴォネガットの『スローターハウス5』から取られている。

物語[編集]

モニュメント・バレーの荒野を馬に逃げられたビリィ・ザ・キッドが、とぼとぼ歩いている。快晴だ。ふと立ち止まり、あたりを見渡そうとした次の瞬間、彼は、奇妙な酒場 "スローターハウス(屠殺場)" に立っている。今まで、歩いていたはずのモニュメントバレーは、彼の背後に大きくウォールペイントされているだけだ。

ビリィは店のマスターに用心棒として雇うよう、早撃ちを披露するが、宮本武蔵の神業的居合抜きの前には、何とも頼りない。マスターの一人娘テイタムに一目惚れしたビリィは何とか、ダダ働きのウェイターとして雇ってもらう。愛妻家で芸術家のサンダース軍曹、詩人中島みゆき、念力を操る104、合体人間マルクスエンゲルス、彼らはそれぞれ、修理屋、ウェトレス、レジ係、皿洗いとしてこの店で働いている。しかし、それらは仮の姿であり、彼らは”破壊”という二文字しか辞書に持たないギャング達の来るべき襲撃から店を守るため、マスターに雇われた用心棒たちなのだった。

スタッフ[編集]

  • 製作:増田通二
  • プロデューサー:森重晃
  • 監督:山川直人
  • 原案:高橋源一郎
  • 脚本:高橋源一郎、山川直人
  • 音楽:千野秀一
  • 撮影:高間賢治
  • 照明:安河内央之
  • 美術:細石照美
  • 主題歌:ZELDA 「黄金の時間」(CBS/ソニー)
  • 挿入歌:ZELDA 「時折の色彩」「湖のステップ」「スローターハウス」

キャスト[編集]