ビリニュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

logo

ヴィルニュスの歴史地区
リトアニア

旧市街
旧市街
(英名) Vilnius Historic Centre
(仏名) Centre historique de Vilnius
登録区分 文化遺産
登録基準 文化遺産(2),(4)
登録年 1994年
拡張年  
備考  
公式サイト ユネスコ本部(英語)
地図
ビリニュスの位置
世界遺産テンプレートを使用しています
  
バルト海に面した国家リトアニアと、首都ビリニュス

ビリニュス(Vilnius)はリトアニア首都で、同国最大の都市である。北緯54度41分、東経25度17分。人口は 555,613 人(2008年現在)[1]。またかつてポーランド領だったこともある。

バルト三国で唯一海に面していない首都で、バルト海に面したリトアニア主要港のクライペダからは 312 km 離れている。

ビリニュスはネリス川沿いに位置し、リトアニアの南東と地理的に偏ったところにある。これは過去数世紀の間に国境の形が変わっていったことと関係している。かつてリトアニア大公国の時代にビリニュスは国土の中央にあった。

2009年欧州文化首都に選ばれている。

目次

歴史

詳細は「w:History of Vilnius」を参照

中世以前

この節は執筆の途中です この節は執筆中です。加筆、訂正して下さる協力者を求めています

近代

ヴィリニュスは伝統的にリトアニア人の非常に少ない街で、全住民におけるリトアニア人の割合はロシア統治下の1897年では2.1%[2]、ドイツ統治下の1916年では2.6%[3]であった。1931年におけるヴィリニュスの民族構成は以下の通りである[4]

特に、現在世界遺産となっているヴィリニュス歴史地区(旧市街)の住民のほぼ100%はポーランド人であった[5][6]。第二次世界大戦ではリトアニアソヴィエト連邦に併合され、戦後、この街のポーランド人の多くがポーランドへと追放され、住民はリトアニア人とロシア人に取って代わった。

この地域におけるリトアニア人の国粋主義は現代でも非常に強く、中世から近世にかけてのポーランド・リトアニア連合王国の歴史を、(連合王国の王や貴族はリトアニア系が多かったにもかかわらず、)リトアニア人がポーランド人の支配下に置かれつづけた負の歴史であるとしている。この「リトアニア国粋主義」はポーランド民族とリトアニア民族を分断するためにドイツソビエト連邦によってリトアニア人の心の中深く植え付けられたものである[要出典]

気候

ケッペンの気候区分では亜寒帯湿潤気候(Dfb)に属する。年間平均気温は6.1℃、1月の平均気温は-4.9℃、7月は17.0℃である。年間降水量は平均で661 mm。

観光

旧市街の面積は、欧州内でも最大級であり、歴史的・文化的事物が集積されている。旧市街の建築物は約1,500ほどあり、様々なスタイルのものが見られる。バロック様式のものが多いように思われているが、実際にはゴシックルネッサンス様式もある。旧市街は1994年に世界遺産に登録されている。

世界遺産

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた。

  • (2) ある期間を通じてまたはある文化圏において、建築、技術、記念碑的芸術、都市計画、景観デザインの発展に関し、人類の価値の重要な交流を示すもの。
  • (4) 人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式、建築物群、技術の集積または景観の優れた例。

交通

バス

  • ビリニュス・バス・ターミナル

鉄道

  • ビリニュス駅

航空


姉妹都市


脚注

  1. ^ Gyventojų skaičius Vilniaus apskrityje Lietuvos Statistikos Departamentas Vilniaus teritorinė statistikos valdyba. 2008年12月5日閲覧
  2. ^ Demoscope.
  3. ^ Michał Eustachy Brensztejn,1919 "Spisy ludności m. Wilna za okupacji niemieckiej od. 1 listopada 1915 r." Biblioteka Delegacji Rad Polskich Litwy i Białej Rusi, Warsaw
  4. ^ "Drugi Powszechny Spis Ludności z dnia 9 XII 1931 r." Statystyka Polski, volume D issue 34, year 1939
  5. ^ "Drugi Powszechny Spis Ludności z dnia 9 XII 1931 r." Statystyka Polski, volume D issue 34, year 1939
  6. ^ Michael MacQueen, The Context of Mass Destruction: Agents and Prerequisites of the Holocaust in Lithuania, Holocaust and Genocide Studies, Volume 12, Number 1, pp. 27-48, 1998

ウィキメディア・コモンズ

この「ビリニュス」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ)
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ カザフスタン キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア
この「ビリニュス」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めています(ウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ)

今日は何の日(4月7日

もっと見る

「ビリニュス」のQ&A