ビリー・マレー (野球)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
ビリー・マレー
Billy Murray
Billy Murray 1896.jpg
1896年の Providence Grays の集合写真より
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 マサチューセッツ州ピーボディ
生年月日 1864年4月13日
没年月日 1937年5月25日(満73歳没)
選手情報
初出場 1907年4月11日
最終出場 1909年10月7日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
監督歴

ウィリアム・ジェレマイア・"ビリー"・マレー(William Jeremiah "Billy" Murray、1864年4月13日 - 1937年5月25日)は、19世紀末から20世紀初頭にかけて最も成功したアメリカ合衆国マイナーリーグ野球監督のひとり。1907年から1909年にかけての3シーズンは、メジャーリーグベースボールナショナルリーグに所属するフィラデルフィア・フィリーズで監督を務めた。

マサチューセッツ州ピーボディに生まれたマレーは、25歳だった1889年に、当時存在していたセントラル・インターステート・リーグ (Central Interstate League) に所属していたイリノイ州クインシー (Quincy) のチーム「レイヴンズ (Ravens)」で、はじめてマイナーリーグの監督となった。1891年にクインシーで、翌1892年に監督となったイリノイ=アイオワ・リーグ (Illinois–Iowa League) のジョリエットでも、リーグ優勝を成し遂げたマレーは、1894年から1902年までの9シーズンを、マイナーリーグ最上位のイースタン・リーグ(Eastern League:インターナショナルリーグの前身)に所属していたプロビデンス・グレイズ(Providence Grays:メジャーリーグのプロビデンス・グレイズとは別個のチーム)の指揮を執った。次いで、同じくイースタンのジャージー・シティ・スキーターズ (Jersey City Skeeters) の監督に転じ、4シーズンにわたって好成績を残し、リーグ優勝も1回果たした。マレーのマイナーリーグにおける監督戦績は、18シーズン通算で1,234勝876敗であり、勝率 .585 は、マイナーリーグの監督を長く務めた者の中では最も高い部類に属していた。

マレーは1907年に、直前の1906年のシーズンに71勝で4位に終わっていたフィラデルフィア・フィリーズの監督となった。マレーが指揮した最初のシーズンであった1907年には、フィリーズは83勝で3位となったが、リーグ優勝したシカゴ・カブスには、ゲーム差21½と大差をつけられた。翌1908年にもチームは83勝したが、順位は4位に後退し、カブスとのゲーム差は16であった。1909年のフィリーズは、さらに失墜し、74勝で5位、優勝したピッツバーグ・パイレーツとのゲーム差は36½となり、マレーは監督を退任し、レッド・ドゥーイン (Red Dooin) に交替した。メジャーリーグにおける監督戦績は、240勝214敗、勝率 .529 であった。

マレーは、オハイオ州ヤングスタウンにおいて、72歳で死去した。

参考文献[編集]