ビルビル国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビルビル国際空港
Aeropuerto Internacional Viru Viru
Viru Viru International Airport
ビルビル国際空港ターミナル正面
ビルビル国際空港ターミナル正面
IATA: VVI - ICAO: SLVR
概要
国・地域  ボリビア
所在地 サンタ・クルス・デ・ラ・シエラ
種類 公共
運営者 abertis airports(Abertis
標高 373 m
座標 南緯17度38分41秒 西経63度08分07秒 / 南緯17.64472度 西経63.13528度 / -17.64472; -63.13528
地図
空港の位置(ボリビア)
空港の位置(ボリビア)
VVI/SLVR
空港の位置(ボリビア)
滑走路
方向 長さ×幅 (m) 表面
16/34 3,500×45 コンクリート
統計 (2006年)
旅客数 833,212人
出典:[1]
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

ビル・ビル国際空港西: Aeropuerto Internacional Viru Viru: ViruViru International Airport)は、ボリビアサンタ・クルス・デ・ラ・シエラにある国際空港

概要[編集]

Viru Viruグアラニー語で平野の意味。その名の通り、サンタ・クルス・デ・ラ・シエラの中心から北に15kmの平野のなかにある。当時政権の座にあったレネ・バリエントス・オルトゥーニョが1965年ごろ新しい国際空港の設立を意図し、日本の政府開発援助(有償資金協力)が1978年に108億円、1982年に66.89億円が行われ[1]、1983年に完成した。

ボリビアの首都ラパスエル・アルト国際空港は標高4,000mを越える場所にあるため、翼の揚力が十分に得られない。このため燃料を満タンにして離陸することは困難である。そこで、国際線を中心にラパスからの長距離便はこのビルビル国際空港を経由することが多い。

就航路線[編集]

航空会社 就航地
アマゾナス航空 ラパススクレアスンシオンイキケオルロカンポ・グランデクイアバコチャバンバタリハブラジリアモンテビデオ
ボリビアーナ航空 ラパススクレタリハブエノスアイレスコビハコチャバンバサルタサンパウロマイアミマドリード
ボリビアーナ航空オムニエア運航) マドリード
アルゼンチン航空 ブエノスアイレス
アビアンカ・エクアドル キト
アビアンカ・ペルー リマ
アメリカン航空 マイアミ
エア・ヨーロッパ マドリード
エコジェット リベラルタスクレタリハトリニダ
コパ航空 パナマシティ
ゴル航空 サンパウロ
TAM航空(パラグアイ) アスンシオン
TAM コビハ、コチャバンバ、ラパス、プエルトスアレス、スクレ、タリハ、トリニダ
プルマントゥール・エア マドリード
ラン航空 イキケ、サンティアゴ
ラン・ペルー航空 リマ

出典[編集]

  1. ^ 「国別援助実績 1990年までの実績 ボリヴィア」 外務省