ビルラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ビルラー家(बिरला, Birla Family)は、インド財閥一家。インドではタタ財閥のタタ家と並ぶ存在。

概要[編集]

このビルラー家は、インド西部のラージャスターン州のマールワール商人コミュニティーの出身のバルデーオ・ダース・ビルラー(Baldeo Das Birla、1894-1983)によって設立。第一次世界大戦中に投機によって利益を確保した。その資金を元に繊維産業に進出。その後は機械、自動車、科学、海運などに進出し巨大化した。

ビルラー家は、長年にわたってインド独立の父マハトマ・ガンディーを財政的に支援したことでも知られている。1948年のガンディー暗殺(ガンディーはデリーにあるビルラー邸の庭で暗殺された)後も、ガンディーとの関係を利用して国民会議派政府の優遇を受け、独占を拡大強化したと批判されている。

バルデーオ・ダース・ビルラーの4人の息子はそれぞれ独立した財閥を設立している。なかでもアーディティヤ・ビルラー・グループが最も大きな勢力となっている。

ヒンドゥスタン・アンバサダーの製造で知られるヒンドゥスタン・モーターズはそれらの一つ、G.P-C.Kビルラー・グループ系の会社である。

関連記事[編集]