ビル・ウォーカー (政治家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
閣下
ビル・ウォーカー
Bill Walker.jpg
第11代 アラスカ州知事
任期
2014年12月1日 – 2018年12月3日
副知事 バイロン・マロット
前任者 ショーン・パーネル
後任者 マイク・ダンリービー英語版
バルディーズ市長
任期
1979年 – 1980年
前任者 マック・マクドナルド
後任者 スティーブン・マカルパイン[1]
個人情報
生誕 (1951-04-16) 1951年4月16日(68歳)
アメリカ合衆国アラスカ準州フェアバンクス
政党 無所属 (2014年 - 現在)
協力政党 共和党 (2014年以前)
配偶者 ドナ・ウォーカー
子供 4人
住居 知事公邸
出身校 ルイス・アンド・クラーク・カレッジ
ピュージェット・サウンド大学法科大学院 (現在のシアトル大学法科大学院)
宗教 キリスト教
公式サイト 公式サイト

ウィリアム・マーティン・"ビル"・ウォーカー: William Martin "Bill" Walker1951年4月16日 - )は、アメリカ合衆国の政治家、弁護士。第11代アラスカ州知事を務めた(2014年 - 2018年)。ウィリアム・A・イーガン英語版知事(1959年 - 1966年、1970年 - 1974年)に次いで2人目のアラスカ州出身の同州知事である。

経歴[編集]

アラスカ準州フェアバンクスに生まれ、内陸部のデルタ・ジャンクションという小さな田舎町や、プリンス・ウィリアム湾沿いのバルディーズで育った[2]。アラスカに開拓者として移り住んだ、エド英語版とフランシスのウォーカー夫妻の第四子である。第二次世界大戦中、エドは第1アラスカ戦闘情報小隊の一員としてアリューシャン列島で偵察活動に従事し、フランシスはアラスカとカナダを結ぶ高速道路で働いた。バルディーズに甚大な被害を与えた1964年のアラスカ地震で、ウォーカー家は財産の大部分を失った[3][2]。家計を助けるため、ビルは12歳で用務員になった[2]。その後も大工や肉体労働者、トラック運転手などとして家業の建設業を支えるとともに、自らの学費をねん出した[4]

1969年にバルディーズ高校を卒業後、1973年にルイス・アンド・クラーク・カレッジから経営管理論の学士号を、1983年にピュージェット・サウンド大学法科大学院(現在のシアトル大学法科大学院)から法学博士号を取得した[5]。ウォーカーは妻とともに法律事務所を所有している。この法律事務所は主に地方自治体や石油、ガス関連の法律を専門にしている。1977年から1979年には、バルディーズ市の法定代理人[3]やアラスカ・ガソリン港湾公社の法律顧問[6][7]などとしてバルディーズ市議会で勤務した[8]。1979年には史上最年少の27歳でバルディーズ市長に当選し、翌年まで務めた[9][2]

アラスカ州知事[編集]

2010年の選挙[編集]

2010年8月24日に行われたアラスカ州知事選挙の共和党予備選挙において、ウォーカーは他の4名の新人候補とともに現職のショーン・パーネルに挑んだ。結果はパーネルが49.49%の得票率で指名を獲得したが、ウォーカーは33.95%で2位につけた[9][10]。本選挙は11月2日に行われ、そこではパーネルが民主党候補のイーサン・バーコウィッツを下した。

2014年の選挙[編集]

ウォーカーは2013年に、翌年のアラスカ州知事選挙に共和党から立候補する意向を表明した[11]。しかし同年、彼は無所属での出馬を決断した。これは2010年の知事選に先立って、元アラスカ州知事のウォーリー・ヒッケルから受けていた助言と勧めを受け入れたものであった[5][12]

ウォーカーは副知事候補にアラスカ漁業狩猟局副局長のクレッグ・フリーナーを選び[13]、伝統的な保守とリベラルを織り交ぜた中道的な綱領を掲げた。例えば、ペブル鉱山の開発に反対し、気候変動とその悪影響を抑制するためにエネルギー政策を調整する必要性を認めた。その一方で、石油と天然ガスのパイプラインの輸送能力向上や、北極野生生物国家保護区における新たな原油の掘削には賛成していた。銃に関する権利や、アラスカ州がある程度の主権を有することにも賛意を表明した。バラク・オバマ政権の医療費負担適正化法 (ACA) によって実現した、メディケイドの対象者の拡大も支持した[14]

2014年9月2日には民主党候補のバイロン・マロットと記者会見を開き、フリーナーに代わってマロットが副知事候補になる形で、両陣営の一本化を発表した[15]。マロットの副知事候補であったホリス・フレンチ(弁護士、州上院議員)も身を引いたので、民主党の公認候補は本選から姿を消すこととなった。この戦略は、公表前にアラスカ共和党からの抵抗に遭ったが、アラスカ州最高裁判所は有効の判決を下した[16]

2014年11月4日の本選挙前の世論調査で、ウォーカーは他候補をリードしていた[17]。パーネルは石油化学産業に対する何十億ドルもの減税措置を支持したことで、広範な批判にさらされていた。また、パーネルが最高司令官を務めるアラスカ州兵では性的虐待や縁故登用、汚職、内部告発者に対する抑圧などが蔓延していたが、これを5年間にわたって隠ぺいしていたことも批判に拍車をかけた[18][19][20]。選挙は大接戦となった。11月7日の時点ではウォーカー/マロット陣営が3165票差でリードしていたが[21][22][23][24][25]、11月14日になってその差は4634票に広がった[26]。この2日後、パーネルは敗北を認めた。

政策[編集]

ウォーカーは2014年12月1日に就任の宣誓を行った。アラスカ州議会は共和党が支配していたが、知事の拒否権を覆せるほどの議席は有していなかった。メディケイド拡大の試みを州議会共和党が妨害すると、ウォーカーは行政権を行使した[27]

アラスカ州知事としてウォーカーは、フェアバンクスやアンカレジジュノーでピクニックを開催するなど、州内各地で多くのイベントに参加した。

2015年、アラスカ州の財政は原油安のため40億ドルの赤字に陥ることが予想された。この赤字を補てんする一助として、予算の削減や増税が提起された[28][29][30][31]。2015年12月、ウォーカーは州の所得税の復活や、アラスカ永久基金から受給資格のある州民に支給される年次配当の削減を提案した[32]

2018年の選挙[編集]

任期満了にともなう2018年の知事選にも、ウォーカーは立候補を表明していた。しかし、2018年10月16日、副知事のマロットが「不適切な発言」を理由に辞任を表明した。マロットとウォーカーはその詳細について明らかにしなかったが、3日後にはウォーカーも選挙活動の中止を発表し、民主党候補のマーク・ベギックを後任に推薦した[33][34]

人物[編集]

知事就任にともないジュノーに転居するまで、ウォーカーはアンカレジで妻のドナと居住していた。夫妻には4人の子と4人の孫がいる[11]。趣味は釣り、スキーのダウンヒル、スノーモービル、ボート、キャンプ、孫をスケートに連れていくこと[4]

2016年11月に前立腺がんであることを告白し[35]、その翌月に手術を受けた[36]

選挙結果[編集]

2010年アラスカ州知事選挙 共和党予備選挙
候補者名 得票数 得票率 (%)
ショーン・パーネル 54,125 50.12
ビル・ウォーカー 35,734 33.09
ラルフ・サミュエルズ 15,376 14.24
サム・リトル 1,661 1.54
メリカ・フラトク 626 0.58
ジェラルド・ハイクス 460 0.43
2014年アラスカ州知事選挙
政党 候補者名 得票数 得票率 (%)
無所属 ビル・ウォーカー 134,658 48.10
共和党 ショーン・パーネル(現職) 128,435 45.88
リバタリアン党 キャロライン(ケア)・クリフト 8,985 3.21
立憲党 J・R・マイアーズ 6,987 2.50
無効票 893 0.32

脚注[編集]

  1. ^ “Under Oil's Powerful Spell, Alaska Was Off Guard”. (1989年4月2日). http://www.nytimes.com/1989/04/02/us/under-oil-s-powerful-spell-alaska-was-off-guard.html 
  2. ^ a b c d Revis, Lee (2013年5月1日). “Walker running for governor 2014: Second run for Valdez city attorney and Port Authority backer”. Valdez Star. 2014年9月5日閲覧。
  3. ^ a b Hobson, Lindsay (2014年3月28日). “Walker Joins Valdez 'Choose Respect' March & Commemorates Earthquake & Oil Spill Anniversaries”. Delta News. 2014年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年9月5日閲覧。
  4. ^ a b Master, Web (2014年). “About Governor Walker”. State of Alaska. 2015年9月18日閲覧。
  5. ^ a b Jackinsky, McKibben (2014年7月2日). “Walker says he's taking Hickel's advice, running as independent”. Homer News. 2014年9月5日閲覧。
  6. ^ Dischner, Molly (September 6, 2012). “Summit to showcase Valdez as best for Alaska LNG”. Alaska Journal of Commerce (2). http://www.alaskajournal.com/Alaska-Journal-of-Commerce/September-Issue-2-2012/Summit-to-showcase-Valdez-as-best-for-Alaska-LNG-exports 2014年9月5日閲覧。. 
  7. ^ Dischner, Molly (2011年12月8日). “Walker pushes for natural gas pipeline to Valdez”. Peninsula Clarion. 2014年9月5日閲覧。
  8. ^ Zemach, Heidi (2014年6月30日). “Walker campaigns to become Alaska Governor”. Seward City News. 2014年9月5日閲覧。
  9. ^ a b “Bill Walker (Alaska)”. Ballotpedia. Associated Press. (2014年). http://ballotpedia.org/Bill_Walker_(Alaska) 2015年9月18日閲覧。 
  10. ^ Mauer, Richard (2014年9月2日). “It's official: Walker-Mallott will take on Parnell-Sullivan in bid for Alaska governor”. Alaska Dispatch News. 2014年9月5日閲覧。
  11. ^ a b Woodham, Scott (2013年4月25日). “Bill Walker declares intent for 2nd run at Alaska governor's office”. Alaska Dispatch News. 2014年9月5日閲覧。
  12. ^ “Walker planning to run as independent for Alaska governor”. Newsminer. Associated Press. (2013年8月1日). http://www.newsminer.com/news/politics/walker-planning-to-run-as-independent-for-alaska-governor/article_d963e46e-fafe-11e2-b481-001a4bcf6878.html 2013年8月5日閲覧。 
  13. ^ Demer, Lisa (2013年10月14日). “Walker chooses Fleener as running mate in independent bid for governor”. Alaska Dispatch News. 2014年7月24日閲覧。
  14. ^ On the Issues Archived December 20, 2014, at the Wayback Machine.
  15. ^ Mauer, Richard (2014年9月1日). “Walker, Mallott to join forces in governor's race”. Alaska Dispatch News. http://www.adn.com/article/20140901/walker-mallott-join-forces-governors-race 2014年9月2日閲覧。 
  16. ^ Judge rules in favor of merged Mallot and Walker campaigns”. 2015年9月21日閲覧。
  17. ^ Election 2014: Alaska Governor, Rasmussen Reports, September 29, 2014; retrieved October 3, 2014.
  18. ^ Jill Burke and Richard Mauer, "Parnell defends handling alaska national guard dysfunction, plans more firings", Alaska Dispatch News, October 2, 2014; retrieved October 3, 2014.
  19. ^ Jill Burke and Richard Mauer,Parnell waited years to take direct action on National Guard misconduct, Alaska Dispatch News, October 1, 2014. Retrieved October 3, 2014.
  20. ^ Caslon Hatch, Debate draws standing-room-only crowd Archived 2015年6月2日, at the Wayback Machine., KTUU, July 23, 2014; retrieved October 3, 2014.
  21. ^ “In governor's race, Walker has edge – or maybe not”. Alaska Dispatch News. (2014年11月6日). http://www.adn.com/article/20141106/governors-race-walker-has-edge-or-maybe-not 2014年11月7日閲覧。 
  22. ^ “Governor’s race uncalled; Walker plans transition”. Alaska Journal. (2014年11月13日). http://www.alaskajournal.com/Alaska-Journal-of-Commerce/November-Issue-3-2014/Governors-race-uncalled-Walker-plans-transition/ 2014年11月14日閲覧。 
  23. ^ “Walker introduces co-chairs of transition team”. Houston Chronicle. (2014年11月12日). http://www.chron.com/news/article/Walker-introduces-co-chairs-of-transition-team-5889300.php 2014年11月14日閲覧。 
  24. ^ Number of uncounted votes grows in Alaska U.S. Senate race”. Alaska Dispatch News (2014年11月7日). 2014年11月7日閲覧。
  25. ^ “More than 50,000 votes remain to be counted in heated Alaska races”. Alaska Dispatch News. (2014年11月10日). http://www.adn.com/article/20141110/more-50000-votes-remain-be-counted-heated-alaska-races 2014年11月12日閲覧。 
  26. ^ “Friday vote count makes Walker victory in race for governor look certain”. Alaska Dispatch News. (2014年11月15日). http://www.adn.com/article/20141114/friday-vote-count-makes-walker-victory-race-governor-look-certain 2014年11月14日閲覧。 
  27. ^ Herz, Nathaniel (2015年7月16日). “Walker says he'll use executive authority to expand Medicaid in Alaska”. Alaska Dispatch News. 2015年7月17日閲覧。
  28. ^ Brooks, James (2015年11月5日). “Done deal: Walker signs bill buying out TransCanada's share of pipeline”. Juneau Empire. 2015年11月6日閲覧。
  29. ^ State, of Alaska (2015年11月5日). “3rd Special Session Capitol Updates”. The Alaska State Legislature. 2015年11月5日閲覧。
  30. ^ Associated, Press (2015年9月24日). “Gas pipeline is focus of Alaska special session”. FuelFix. 2015年10月18日閲覧。
  31. ^ State, of Alaska. “Governor Walker Appoints AGDC Board Members”. The Alaska State of Alaska. 2015年9月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月28日閲覧。
  32. ^ Alaska governor proposes income tax, PFD changes to offset budget gap | Local News”. newsminer.com (2015年12月9日). 2016年10月13日閲覧。
  33. ^ Kelly, Caroline (2018年10月19日). “Alaska Gov. Bill Walker suspends re-election bid”. CNN. 2018年10月19日閲覧。
  34. ^ Johnson, Kirk (2018年10月19日). “Bill Walker, Governor of Alaska, Suspends Campaign Amid Sinking Polls”. The New York Times. 2018年10月19日閲覧。
  35. ^ Hertz, Nathaniel (2016年11月4日). “Alaska Gov. Walker diagnosed with prostate cancer”. Alaska Dispatch News. https://www.adn.com/politics/2016/11/04/walker-announces-he-has-treatable-prostate-cancer-says-he-will-stay-on-the-job/ 2016年11月4日閲覧。 
  36. ^ Hertz, Nathaniel (2016年11月4日). “Alaska Gov. Walker diagnosed with prostate cancer”. Alaska Dispatch News. https://www.adn.com/politics/2016/11/04/walker-announces-he-has-treatable-prostate-cancer-says-he-will-stay-on-the-job/ 2016年11月4日閲覧。 
公職
先代:
ショーン・パーネル
Flag of Alaska.svg アラスカ州知事
2014年 – 2018年
次代:
マイク・ダンリービー英語版
アメリカ合衆国の儀礼席次
先代:
ジョー・バイデン
副大統領として
大統領権限継承順位
アラスカ州内
次代:
事件が発生した市の市長
次代:
ポール・ライアン
下院議長として
先代:
ダグ・ダシー
アリゾナ州知事として
大統領権限継承順位
アラスカ州外
次代:
デービッド・イゲ
ハワイ州知事として