ビル・フリゼール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ビル・フリゼール
Bill Frisell
Bill wiki.jpg
演奏するビル・フリゼール(2004年)
基本情報
出生名 William Richard Frisell
生誕 (1951-03-19) 1951年3月19日(68歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 メリーランド州ボルチモア
ジャンル ジャズフュージョンカントリーアメリカーナロック
職業 ギタリスト
活動期間 1982年 -
レーベル ECMノンサッチワーナー
共同作業者 ポール・モチアン
ジョーイ・バロン
ウェイン・ホーヴィッツ
カーミット・ドリスコル
ジョン・ゾーン
ネイキッド・シティ
公式サイト www.billfrisell.com

ビル・フリゼール[1]Bill Frisell、1951年3月19日 - )は、アメリカ合衆国メリーランド州出身のギタリストである。

来歴[編集]

ビル・フリゼールはメリーランド州ボルチモアに生まれたが、幼少期の大部分をコロラド州デンヴァーで過ごした。父親はベーシスト。

パット・メセニーの推薦によりポール・モチアンのECMレコードにおけるリーダー作品『Psalm』(1982年)に参加した。このときの演奏が認められて翌年、ECMからソロ・デビュー作品『イン・ライン』をリリースした[2][3]

映画音楽では、『小説家を見つけたら』(2000年)や『ミリオンダラー・ホテル』(2000年)のサウンドトラックも参加した。

2005年、アルバム『アンスピーカブル』が第47回グラミー賞(最優秀コンテンポラリー・ジャズ・アルバム賞)を受賞。

ディスコグラフィ[編集]

Title Year Label
『イン・ライン』 - In Line 1983 ECM
Rambler 1984 ECM
『ルックアウト・フォー・ホープ』 - Lookout for Hope 1987 ECM
Before We Were Born 1989 Nonesuch
『イズ・ザット・ユー?』 - Is That You? 1990 Nonesuch
Where in the World? 1991 Nonesuch
Have a Little Faith 1992 Nonesuch
『ディス・ランド』 - This Land 1994 Nonesuch
Go West: Music for the Films of Buster Keaton 1995 Nonesuch
The High Sign/One Week|The High Sign/One Week: Music for the Films of Buster Keaton 1995 Nonesuch
『ライヴ!』 - Live 1995 Gramavision
Quartet 1996 Nonesuch
『ナッシュビル』 - Nashville 1997 Nonesuch
『ゴーン、ジャスト・ライク・ア・トレイン』 - Gone, Just Like a Train 1998 Nonesuch
『グッド・ドッグ、ハッピー・マン』 - Good Dog, Happy Man 1999 Nonesuch
Ghost Town 2000 Nonesuch
Blues Dream 2001 Nonesuch
With Dave Holland and Elvin Jones 2001 Nonesuch
The Willies 2002 Nonesuch
『ジ・インターコンチネンタルズ』 - The Intercontinentals 2003 Nonesuch
『アンスピーカブル』 - Unspeakable 2004 Nonesuch
Richter 858 2005 Songlines
East/West 2005 Nonesuch
Further East/Further West 2005 Nonesuch
Bill Frisell, Ron Carter, Paul Motian 2006 Nonesuch
Floratone 2007 Bluenote
History, Mystery 2008 Nonesuch
Disfarmer 2009 Nonesuch
『ビューティフル・ドリーマーズ』 - Beautiful Dreamers 2010 Savoy Label Group
Lagrimas Mexicanas 2011 E1 Music
Sign Of Life 2011 Savoy Label Group
All We Are Saying 2011 Savoy Label Group
Silent Comedy 2013 Tzadik
Big Sur 2013 Master Works
Guitar in the Space Age! 2014 Okeh
『星に願いを』 - When You Wish Upon a Star 2016 Okeh
Small Town 2017 ECM
『ミュージック・イズ』 - Music IS 2018 Okeh

参照文献[編集]

  • 原雅明「ビル・フリゼールとネルス・クラインが再編するアメリカーナ」『Jazz Thing ジャズという何か:ジャズが追い求めたサウンドをめぐって』DU BOOKS、2018年

脚注[編集]

  1. ^ ビル・フリッセル」の表記もある。
  2. ^ Interviews”. Jazzweekly.com. 2019年1月18日閲覧。
  3. ^ 原雅明「ビル・フリゼールとネルス・クラインが再編するアメリカーナ」『Jazz Thing ジャズという何か:ジャズが追い求めたサウンドをめぐって』DU BOOKS、2018年、164頁。